セロー225W また排気漏れ

困ったことに、またまたマフラーの付け根から排気が漏れている。昨年に2回も直したのに・・・。前回、前々回はこちら。高圧洗浄機で洗った直後。ガスケットのに隙間があるらしく、アイドリングでもうっすらと煙がでる。ガスケットが浅くかぶってるのが良くないようだ。高速道路など回転数が高い状態で長時間走っていると、漏れる排気も多くなって、噴出したオイル交じりの排気のせいでエンジン周りがかなり汚れてくる。それだけな...

セロー225W 新年初の房総林道めぐり

年明け早々の千葉県 南房総林道アタックにいってきた。東京湾フェリー金谷港から出発。シェルパのモンシェルさん、XLR125Rのごんちゃんと合流。近くの林道金谷線からアタック。支線の竹岡線の分岐。もちろん進入禁止ですよ?いけませんよ?竹岡線の奥地にある素堀りトンネル。これを抜けると富津竹岡IC方面に抜けることが出来る。え?この画像は念写したものですよ。山中線、大山線、横尾線を抜け、三島ダムの湖畔で休憩。ここで...

セロー225W オイル交換とタイヤ交換が・・

セローのオイル交換です。交換時期だったが前回の猿ヶ島のあとも面倒で放置。前回交換から1500kmだ。毎度おなじみシェブロン10w-40を使用。今のところコレ以外に食指が動かない。1500kmぐらいまでを限度で交換しておけば素晴らしいコストパフォーマンスが得られる。このセロー225Wも2万キロを越えてしまった。まぁメーターの数値そのものも信用しかねるが、おおむね実走行だろうと思う。まだまだ調子が良いの...

セロー225W 猿ヶ島に行ってみた。

クリスマシ前に久しぶりのオフロード。相模原の猿ヶ島河川敷にいってきました。全員の写真は無いけど仲間4人で自主練習。初の猿ヶ島だった。噂には聞いていたけど凄い場所です。こんな素晴らしい場所が関東圏に存在し続けているなんて。いつまでもこのままでありますように。素人がセローで通るべき場所では無い場所で悪戦苦闘してコケた結果。気がついたらオーバーパンツがエキパイに触れて溶けた。エキパイに溶けたのがついた。...

セロー225W グリップヒーターをつけてみた。

今更だけど、セロー225Wにグリップヒーターを取り付けてみた。しばらく前に買って手元に用意はしていたが面倒で後回しにしていた。先週あたりから急に冷え込みが強くなって来たようだ。日曜日に房総半島を回ってきたのだが、朝方は山が凍っている。こう寒くては暖房なしでは走れない。一番安い、デイトナのホットグリップショート115mm。消費電力も低いし全周ヒーターなので暖かい。¥5000以下で買える。もう何個も取...

セロー225W ホイールベアリング交換

先週買ったベアリングプーラーを試すべくセロー225wのベアリング交換をしてみた。まずは前輪から。YAMAHA純正は高いのでNTNベアリングを業販で調達した。 6202LLU 1個 ¥248 ベアリング内径に合うアタッチメントを差し込んで締める。締めるほどに中でテーパー状に広がって爪が噛む仕組みだ。まずはスライディングハンマーで行ってみる。先端をアタッチメントに固定して、勢い良くガツンガツンとスライドさせる。数回のスラ...

奥多摩 秩父 林道めぐり

ひさしぶりの林道ツーに行ってきた。WR250のアオさん、ジェベル200のミヤちゃんの3人だ。奥多摩~秩父方面の林道を回ってきた。前日の雨のせいで路面は泥だらけ。当然車体ブーツも泥だらけだ。某林道の一番奥の終点にて。奥多摩の紅葉はずいぶんと深まってきた。まだ寒さもなく一番良い時期かもしれない。今年はあまり林道へ行けなかったなぁ。9月の2回の台風で関東の林道は通行止めやら崩落やらで何処もダメになってしまった。今...

セロー225W リア足周り整備

前回に続き、リア周りの整備です。前回のようにフロントをリフトアップさせる場合、フラットなリフトスタンドだとセローのエンジン腹下の形状が悪く安定しない。今回はリアを持ち上げるため、スタンド位置をリアに持っていく。スイングアームの付け根辺りだと平らなために安定する。マフラーをはずす。今回はマフラーとエキパイ接合部からのオイル漏れも修理するつもり。まずはリアタイヤを外す。リアブレーキキャリパーやチェーン...

セロー225W フロント足回り整備

セロー225Wの足回り整備のお話です。今回はフロントに手をつけます。リフトスタンドで持ち上げる。セローのエンジン腹下はフラットな形状ではないので、一般的な平面リフトスタンドだと安定性が悪い。位置を中心にして、斜めに動かさないようにすれば作業に支障は無い。フォークやハンドルをいじるときははどうしても左右に車体が動くので転倒に注意する必要がある。まずは左フロントフォークのオイル漏れ修理に入る。まずは左...

セロー225W オイル漏れ再修理

先々月あたりにタペットカバーからのオイル漏れをテキトーに直したのだけど、やっぱり漏れてきました。結局同じ箇所からのオイルが漏れてきた。やはり液ガスで手抜きしたのが間違いだったようだ。耐熱温度も低いし当然の結果だろう。タペットカバーを外した。以前に増してOリングは完全に潰れている。もうダメだな。焼けた液体ガスケットもこびり付いているので削る。ヘッド側をお掃除。残ったガスケットのカスを綺麗に取り除く。...