セロー225W また排気漏れ

困ったことに、またまたマフラーの付け根から排気が漏れている。

昨年に2回も直したのに・・・。
前回前々回はこちら。

IMAG0159.jpg

高圧洗浄機で洗った直後。
ガスケットのに隙間があるらしく、アイドリングでもうっすらと煙がでる。
ガスケットが浅くかぶってるのが良くないようだ。



高速道路など回転数が高い状態で長時間走っていると、漏れる排気も多くなって、噴出したオイル交じりの排気のせいでエンジン周りがかなり汚れてくる。
それだけならかまわんのだが、気がついたらタイヤにまで付着していた。

滑って転倒したらアホらしいので何とかする。



IMAG0199.jpg


今度はガスケットをマフラー側一杯まで押し込み、クランプとツライチに合わせる。
高耐熱シリコンガスケットを1周ぐるっとたっぷり塗ってシーリングしてしまう。
見た目には隙間は全く無い。
ここまでやれば絶対に漏れない・・、はず。


ガスケット完全硬化24時間後・・・。
アイドリングではとりあえず漏れてない。
多少ふかしても漏れている様子は無い。

ふぅ・・、これでやっとタイヤ交換に入れる。



IMAG0213.jpg


今月の房総林道アタックの翌日にエンジンオイルの点検窓を見たらオイルが見えなかった。

オイル交換して規定量を投入した翌日に房総へ行っただけ。
つまりあの1日だけでかなりオイルが減っていたわけだ。
オイルを少しづつ追加したら、オイルレベルラインの中間規定位置まで200mlぐらいは入った。

自宅から現地までの高速道路で長時間の全開走行の結果だ。
なんと恐ろしい・・。気がつかなければそのうち焼きついたかもしれない。
まるで2stのような消費量だ。

通常走行では大して減らないのだけど、高速を長時間走るとオイルがかなり減る。
それはセローの持病とも言われているが、気になる減り方だ。
オイル上がりか、下がりになっている可能性がある。
始動直後でも白煙は出ないので、そこまでではないと思うのだけど。


手をつけるなら、腰上バラしてバルブスプリングオイルシール交換、ピストンリング交換だろう。
シリンダーに傷があったらそれも交換だ。


古い中古車だし、ここら辺までくると費用対効果に限界を感じるな~。
直すにしてもまた金がかかるし、新車欲しいなぁ・・。そんな金は無いので無理。


現状で問題はないのでこのまま様子見かな。
頻繁にチェックして減っていたら追加すれば良いのだし。シェブロンの安さに救われる。
多少なりともオイルを吐くということは環境に悪いが、月一回程度しか乗らない排ガス規制も無かった20年以上前のバイクなのだから勘弁してほしい。

気休め程度だろうけど、オイルシールの弾性を復活させるというケミカル類でも入れておこうかな。

コメント

非公開コメント

お祈りしてます

e-330
私も三度のビール?(笑)の次にモンシェル号の日頃のメンテを妥協せず頑張ります!v-91
頑張ってください!!工場長!v-91

Re: オイル消耗ですか

>モンさん
ボロいバイクですが、これが壊れたら林道行く足がなくなるんで何とかしますよ。
いつか新車が買える日が来るといいなぁ・・。

オイル消耗ですか

私の経験上からも多分深刻な状態と思われます
大抵トレッキング車のマフラー+エキパイ接合部形状は低く落ち込む形だと思います
厄介にも良くサビる部分でもあるし
エンジン切りマフラー冷えた後ブローされた排ガス成分の炭化水素等言わば水分が行き場を失い少なからずそこに溜まる
長い蓄積年月と共にそれが周辺金属を徐々に腐食させ、排気漏れ発生
排気漏れ=吸気バランス崩れ
吸気バランス崩れ=いずれ機械的吸気バランス崩れ=オイル漏れだと推測しますね(笑)
トライアル界のオイル漏れも血を流す程度なら生きてる確かな証拠でガンガンって感じですが(笑)
「燃えよドラゴン」って感じで!(笑)