XT660R 消防仕様車?

ネタが尽きたので休憩です。


突然ですが、XT660Rの消防車仕様?です。

フロントスクリーンにロシア語で MЧC とあります。

xt660fire.jpg


とにかくパニアが大きい!!
私のGIVI E41パニアより大きく張り出しているように見えます。
トップケースもホムセン箱以上のサイズです。
一体何を積んでるんだろう。

エンジンガードも大きいですね~。
どうやらサイレンやフラッシュライトが固定されている様子。

これで一体、どんな消防活動?をするんだろうか。

日本でも消防署バイクでセローとかあるけど、こっちのほうが迫力あるなぁ。


さらにこんなの見つけました。



燃え盛る車に、颯爽と駆けつけるBMW R1200RT消防車仕様。
大型の消火器でも積んでいるようで、短時間で消火してしまう。

うーむ、かっこいいな。

コメント

非公開コメント

これみて思い出したのが首都高の会社が持っているCB400SB。
車体が黄色なので白バイと間違えることはないんだけど、ライダーの格好が白バイ隊員と同じなので一瞬びびります。
ナンニモワルイコトシテナイノニネ

Re: んんー確かに

なるほど、それにしてもあのパニアでは重くてコケそうな気がw

んんー確かに

外国の消防車関係はデカイですね!
大陸がゆえに結構町外れの距離ある現場までの移動等を考慮してのサイズが考えられますね
日本の東京消防庁の消防バイクは大都市狭小路の移動等を考慮して小排気量に絞ってると思われます
消防バイクは主に消火活動より情報収集&レスキューが目的なのでケース内はAED&地図&消火器&無線機等が考えられます
因みに私は昔、消防バイク隊に憧れ東京消防庁1次試験を受験してたった1枚のハガキにて即落ちました!(笑)