トップケース GIVI E30TNに他のストップランプキットを流用してみた。 

GIVIのモノロックトップケースにストップランプキットを取り付けるお話です。

装着非対応の製品に、互換メーカーとはいえ他製品のオプションを流用してみようという話。



GIVIのトップケースには、ストップランプが最初からついているケースと、ついていないケースがあります。

最初からついていないケースにも、オプション部品のストップランプキットを追加購入することで増設できるケースがありますが、オプション設定が無いトップケースも多いです。



今まで何個ものGIVIケースを買っているけど、何故かどのケースにもストップランプキットの取り付けパターンがある。

日本のGIVI販売代理店であるデイトナのカタログで、ストップランプの追加装着が非対応となっているトップケースでも、ランプの取り付けそのものは可能と考えられる。

本国イタリアでのオプションパーツの全部が日本で販売しているわけではないようで、本来ならランプ増設が可能なケースでも、日本では取り付け不可扱いとなっているものもあるようだ。



何種類かのストップランプキットの商品画像を見比べると、どれも対した差が無いように見える。
ランプ基盤の大きさぐらいだろうか?

そのうち買って手持ちのケースに取り付けてみようかなんて考えていたところ、KAPPAのV46用オプションのストップランプキットを入手する機会に恵まれた。



DSC04259.jpg

最近までKAPPA国内正規代理店であった、アクティブの KAPPA V101ストップランプキットである。
KAPPA製品は既に廃盤なので、在庫処分で安く手に入った。

KAPPAはGIVIの互換品。
KAPPA V46のオプションだが、商品画像を見る限りでは使えるだろうと思って買ってみたわけだ。



DSC04261.jpg

手持ちのケースで取り付けできそうなのは、セローで使ってるGIVI E30TN と XT660R用のGIVI E370の2個。

E370には専用のストップランプキットが存在する。
このV46用のキットも取り付けそのものは可能だが、リフレクターを押さえるプラスチックカバーが無いので固定に難がある。
そこでそのまま取り付けできそうなE30TNに取り付けることにする。

DSC04264.jpg

ケース底の接点ベース穴をソケットで打ち抜き、接点パーツをはめる。
取り付けはまぁ簡単。

DSC04265.jpg

ランプキットのランプとリフレクターはポン付け。
ケーブルの長さがちょっとあまるぐらい。

DSC04267.jpg


電源はストップランプの純正配線にクランプさせて分岐。

セローのテールは小さく後方視認性が悪いので、これでかなり安全性が高まる。


全く問題なく取り付け完了。

追突防止に役立てばいいな。

コメント

非公開コメント

生まれて初めてですよ!
ブレーキランプで格好良さを感じたのは!
それもリアケースで(笑)
いやあ
脱帽です

Re: 確か

ネタが溜まりすぎて時系列が狂ってまして・・。
これは12月早々にやった話なんですよw

確か

前回の房総林道アタックの時にもストップランプが光ってた様な…
瞬間後方からリアルに確認して「おお!?」って感じでハーレーみたく高級品格なケースじゃないのに明らかに格好良さを感じましたよ!