XT660R タイヤを交換してみたが・・ その2

もうすぐ完成という所で次回につづいてこの記事。

ご想像のとおりトラブルが続くアホな話となる。



新しいタイヤをホイールに組み込み、チューブを元にもどしてタイヤをはめ込んで、コンプレッサーでエアーを入れて完成!
と思ったら、シューっと勢い良くエアーが漏れていた。

しまった・・、はめるときにレバーでチューブを噛んでしまったようだ。



うーむ、困ったぞ。
仕方が無いので、またタイヤを分解していく。
また最初から同じ作業なので、疲れ倍増だ。

チューブを外すと、やはり穴が開いている。しかも数箇所・・。
という事はタイヤをはめるときにレバーがチューブに接触してしまっているという事だ。





やっちまったものは仕方が無い。

DSC04168.jpg

幸いにしてスペアチューブは常備しているので、気を取り直して作業を続ける。


新品チューブをはめこんで、今度こそレバー噛みを起こさないように、浅く、慎重に作業していく。

コンプレッサーでエアを充填して、今度こそ完成!



のはずだったのだが、何故かまたしても豪快なエアー漏れの音が周囲に響き渡る。
悲惨なことに新品のチューブが10分にはパンクとなった。


クソが!今日は厄日だ。





( ゚Д゚)y-~~  ふぅ・・・・。

さて、冷静になってみよう。


穴の開いた位置を考えると、やはりレバーで噛んでしまっているのは間違いないようだ。
しかしながら、これ以上浅くレバーを起こすのは無理だ。

タイヤ交換なんて、今まで何度も作業してきた。
チューブ噛みしたこともあるが、基本的には取得済みのスキルだと認識していた。

それが何故だ?新しく買ったスプーン型タイヤレバーのせいか?
そんなわけないよなぁ・・。

このT63、明らかにタイヤが固い。
力を入れざるを得ない固さだ。一体どうすればいいんだ。




というか・・・、これタイヤレバーじゃ無理じゃね?

この固さとサイズなら普通はタイヤチェンジャーだよなぁ。。。

このタイヤ、レバーではめる奴なんているんだろうか?
きっといるんだろうなぁ・・。


いままで250ccぐらいまでのチューブタイヤなら自力でやってきたけど、このサイズのチューブタイヤは初めてだ。
とはいえセローのリアタイヤが120だし、130のこのタイヤとそんなに違わないと思うんだけどなぁ・・・。





ここまで来たら後には引けないが、もう新品チューブの予備が無い。

もう半分やけになっていた。

パンク修理の練習だと思って、穴をパッチで何箇所も塞いでみる。

パッチを貼ってパンク修理して、再度タイヤをはめ込み、やっぱりエア漏れを確認しては、また分解してパッチを貼るという事も何度も繰り返した。

何回も組んでは外してまた組んで・・・・、それでも何処からか聞こえるエア漏れの音。




朝から始めたはずなのに、気がつけば夕方になっていた。

もう体中が痛い。何でこんな目に・・・。。・゚・(ノд`)・゚・。



もう気力体力時の運が限界に近づいていた。

悩んだ末に、2りんかんへ行って新品チューブをもう1本買ってきた。



もう俺に残された力は無い、これが最後だ・・。

最後の気力を振り絞り、穴だらけのチューブを捨てて、新品チューブを組み込む。


慎重に、慎重にレバーがチューブに噛まないように、軽くエアを入れチューブを膨らませ、指を入れて何度も確かめ、慎重にタイヤをはめていく。

 


  できた・・・。













コンプレッサーでエアを入れると、またしてもエア漏れの音が聞こえてきた。







うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

くそぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお




そのまま俺は力尽きた。









そして翌日、悩んだ末に決めた。
素直に店に依頼することにした。


このままチューブを買いなおして成功する可能性は現時点で50%以下。
チューブの新品の購入金額を考えると工賃払ったほうが安い。

幸いなことに他店購入タイヤやホイール持込でも作業してくれる 2りんかん が近くにあるので、素直にそこで作業してもらおう。
どうせ純正部品のハブダンパーも発注しないといけない。



F1000051.jpg


翌日、仕事をバックレて昼間に早速タイヤとホイールをカブに乗せて2りんかんへ。

工賃は、タイヤとホイール持込の場合は¥2000ぐらい。
店でタイヤを買っていれば¥1000だそうだ。

なんだか持ち込み工賃がとても安くないか?


やはり工賃払うだけの価値はある。
タイヤチェンジャーの威力は絶大で、レバーを使わないのでチューブ噛みなんて無縁だ。

それにテスターを使ってホイールバランスまで無料で見てくれる。
2りんかんの整備士の方いわく、このホイールのバランスは誤差数%以内で非常に良いと言われた。
先日から悲惨な話ばかりだったから、ちょっとだけ嬉しかった。



DSC04169.jpg

なんとか無事に交換できました。。


チューブ2本分の費用と工賃という余計な出費がかかってしまった。
こんなに苦労するなら、最初から店に頼めばよかった。

今度からこのサイズのリアタイヤは2りんかんに持ち込みで交換してもらおうかな。
持ち込みでもこの工賃なら自力でやる意味も薄いな。


DSC04192.jpg


残骸の山。

3本もダメにしたチューブはパンク修理の練習台となった。

たぶん今ならパッチ貼りが非常に上手い俺。





そんなわけで まだフロントタイヤは交換していない。



つづく。

コメント

非公開コメント

レバーを使う前に石鹸でリムを滑りやすくしておく、ある程度膨らませてからハメるようなコツがあったと思うんですが。難しいんですね。

Re: 嗚呼。。。

>あつし さん
この後にタイヤ交換したら一発でできたんですよ・・。
やっぱり腕なんでしょうかねぇ・・。

嗚呼。。。

自分だけだと思っていたら、、、
叫んでしまうその気持ち、とても分かります(^^;
すんなり交換出来る時があるのに、
なんででしょうね。
自分もパッチあてて、練習に勤しみます。。。