XT660R タイヤを交換してみたが・・ その1

先週買ったXT660Rのタイヤを交換してみた。
MICHELIN シラック から T63 に交換だ。

例によってトラブルが絶えない作業となった。



DSC04147.jpg

このバイク、センタースタンドが無いとタイヤ交換作業ができない。
あまりユーザー自身に作業させる事を考えていないような気がする。

まだまだ山が残ってるように見えるシラック。
真ん中がかなり減っている。


DSC04149.jpg

外れました。
リアホイール一式はアルミだが結構な重量だ。
つーか、こんなでかいの大丈夫か?

DSC04150.jpg

スプロケは少し減ってるけど、まだいけるだろう。
金が無いのでもうちょっと頑張ってもらいたい。

そのうちゴールドなかっこいい奴にしたいな。

DSC04151.jpg

クラッチハブを取り外すと、ハブダンパーが見える。
うーむ、これは。

DSC04152.jpg

ハブダンパーがかなり削れている。こりゃいかん。交換しなければ。
とりあえず用意が無いので後日という事で。

DSC04157.jpg

ダンパーを外すとゴムのカスがこびり付いている。
オイル汚れとは違うので、軽くこすってやれば落ちる。



DSC04158.jpg

バルブコアを虫回しで外す。

DSC04159.jpg

予想通り固くなっていてビードが落ちない。
仕方が無いのでビードブレーカーでサイドウォールを落とす。
この道具はとても便利なのだが、小径ホイール用なのでこのホイールには合わなくてちょっと辛い。


DSC04162.jpg

やっとビードが落ちました。頑張りました。

DSC04163.jpg

タイヤレバーを3本ぐらい使って外していくと楽だが、タイヤが大きいので結構力が入る。
硬化しているせいだけじゃなく、タイヤ自体が固い気がする。
それでなくてもこのサイズのタイヤ交換は疲れるのであまりやりたくない。

DSC04164.jpg

片側が外れたらチューブを抜く。
MICHELIN製のチューブって、ツルツルでなんか外国製って感じ。
IRCやダンロップのチューブとは、ゴム表面の感触が明らかに違う。
性能的に何か差があるのかどうかは知らない。

DSC04165.jpg

片側もタイヤレバーを使って外していく。
ある程度はずせたら人力でなんとか外す。

DSC04166.jpg

新しいT63には回転方向の指定マークがある。
逆に取り付けるとやり直しになるので注意。

DSC04167.jpg

古いチューブを膨らませてテストしてみる。
エア漏れはなし・・と。

なんだか、まさに浮き輪だ。
これを5個ぐらいかぶるとビバンダム君になれる。


後はチューブを元通りに組んで、タイヤをはめ込んでエアーを入れれば完成だ!


そう素直に事が進む訳が無い。ここからがまたトラブルの始まりであった。



つづく。


コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

> すでに知ってると思いますが、ミシュランのタイヤは
> サイドが硬い硬いととっても評判ですw
> とっても評判ですwww(大事なことなのでry)
> そしてハブダンパーヒドスwww

そしてその固さのせいで面倒なことに・・。
ダンパーはもうダメですな。

すでに知ってると思いますが、ミシュランのタイヤは
サイドが硬い硬いととっても評判ですw
とっても評判ですwww(大事なことなのでry)
そしてハブダンパーヒドスwww