セロー225W フロント足回り整備

セロー225Wの足回り整備のお話です。

今回はフロントに手をつけます。


DSC03948.jpg

リフトスタンドで持ち上げる。
セローのエンジン腹下はフラットな形状ではないので、一般的な平面リフトスタンドだと安定性が悪い。
位置を中心にして、斜めに動かさないようにすれば作業に支障は無い。
フォークやハンドルをいじるときははどうしても左右に車体が動くので転倒に注意する必要がある。




DSC03953.jpg

まずは左フロントフォークのオイル漏れ修理に入る。
まずは左フォークを抜き取る。

DSC03950.jpg

ブーツを外すとやはりフォークオイルがにじんでいる。
このアウターフォークに打痕がありほんの少し内側に潰れているのだ。
よってインナーチューブに圧力が加わってフォークのストロークに抵抗がある状態だった。

おそらく、前オーナーがコケたか横から突っ込まれたか、何か強い衝撃があったのだろう。
1年前にシール交換してしばらくは問題なかったのだが、当然のごとくシールも変形していくので長期間は持たなかった。



DSC03956.jpg
外したフォークを分解し、オイルを抜く。



某オークションで4JGと思われるフォークを入手してみた。
インナーチューブ曲がりでシールからオイルにじみがあるという話だったのだが、
曲がっているようにも見えないし、オイルにじみも見られない。
とにかくアウターチューブだけ使えれば良いと思って使うつもりだった。

DSC03957.jpg

よく見ると、アウターチューブに違うところが??


DSC03959.jpg
元から着いてたフォーク

DSC03958.jpg
ヤフオクで手に入れたフォーク


DSC03960.jpg

フォークオイルのドレンが塞がっている。
というかパターンだけあるのに穴が開いていない?
なんだこりゃ?ひょっとして4JGじゃなくて3RWのフォークだったか?

オークションの画像では判断できなかった部分だが、380円で入手したので全く文句は無い。
うーむ、この部分以外は全く同じなんだが・・。刻印まで一緒だし。どうしよう・・。


それにこの謎のフォークに入っていたスプリング、元のより1cmほど短かい。
これは劣化で縮んだのか元からのサイズが違うのか・・。どちらも考えられる。
どうしよう・・。


しばらく悩んだ結果。この3RWではないかと思われる正体不明のフォークをそのまま使うことにした。
スプリングだけは左右の長さを合わせる為に元のものを使う。
フォークスプリングも新品部品の予備ストックがあるので、どうなっても問題はない。

インナーチューブも曲がっているように見えないので、正体不明フォークのものをそのまま使う。
元からついていたフォークのほうが打痕があるし曲がっていてもおかしくないのだ。

結局オイルシールやダストシールは使うことなくストック部品となる。
この正体不明フォーク、本当にチューブが曲がっていてシールにオイルにじみがあるなら、そのうちまた交換作業が必要になるだろう。




DSC03970.jpg

フォークオイルを新品交換する。
4JG1のフォークオイル容量は383ccである。

余っていたスズキ純正フォークオイルをボトルに入れて量を計ると・・・。

足りませんwwww (;´Д`)どうしよう。250ccしかないww

うーむ、こまったな。



まぁいいや、シェブロン入れちゃえwwwwwwwwww


というわけで足りない133ccをシェブロン10w-40で補ってみた。
入れている途中で思ったが、粘度が違いすぎるww
せめてもっと硬いVerity15w-50を入れるべきだったか。
たった133ccだし、大してかわらんだろ。(・ε・)キニシナイ!!

よい子のみんなは真似しないように。




DSC03962.jpg

次はフロントブレーキ分解。


DSC03963.jpg

キャリパーシールがダメになっているだろうと思って部品一式を用意していたのだけど、
意外にもシールはまだ大丈夫だった。
カワサキとは違うのだよ、カワサキとは。

これまた注文した部品はストックとなる。

DSC03966.jpg 

ブッシュのグリスが切れてスライドピンに錆びが出ている。
こうなったら本当は新品交換するべきなのだろうけど、注文していなかったので耐水ペーパーをあてて錆びを取って対応した。


DSC03977.jpg

タイヤをセットして、キャリパーを組み立てて終了。
しっかりとグリスアップもしたので、これで当分は大丈夫だろう。

ディスクガードの上ボルトが固着して外れなかったので、ガードは諦めた。
あった方が良いのだろうけど、無いほうがかっこいい。

そろそろホイールベアリングも交換したいな。
手持ちのベアリングプーラーで外せれば良いのだけど。

DSC03981.jpg

こんどは変形したフロントブレーキレバー交換と、ブレーキ、クラッチレバーのゴムブッシュとりつけ。
1年ぐらい前にジャンク屋で買った新品RALLY492アルミレバーを使う。

DSC03983.jpg

分解ついでに、ワイヤーインジェクターを使ってクラッチケーブル内にオイルを吹く。
稼動部を清掃、グリスアップを行いクラッチの動きがスムーズに。

DSC03985.jpg

クラッチ側ゴムカバー。
本来は元からついていた部品なのだが、車体入手時にはオプションの純正ハンドガードが取り付けてあったので、外されていた。
あのショボイガードは面積は広いのだけど剛性が無いので転倒時にレバーを折る可能性が高いでのZETAのハンドガードに交換している。


DSC03987.jpg

ブレーキ側ゴムカバー。
やはりカバーがあると汚れにくく油脂類も持つ。
1個600円程度だ。

DSC03978.jpg

とりえあずフロント回りの整備はこれで終了。

次はリア回りだな。







追記


謎のフォークについてちょっと調べてみた。
アウターチューブにオイルドレンが付いているのは3RWから4JG1までらしい。
3RWと4JG1の区別はフォークキャップのエアバルブ形状で判別できる。

パーツリストの図が正しいのであれば、入手したドレン無しフォークは4JG2以降のフォーク?
4JG1以降のWからWEでドレンパターンのポッチが残ってるのと完全に無いフォークがあるようだが情報がないので不明。

ということは、フォーク内部のオリフィスが違うのか?
手抜きしないで完全にバラして純粋にアウターチューブのみ使えばよかったかな。
実際の走行に顕著な支障があるとも思えないが、セローは各年式でフォークの仕様が違う。
気になったらそのうち戻せばいいかな。

コメント

非公開コメント

Re: シェブロン

> 実はフォークオイルだったんだ(棒)
正露丸みたいなもんだよね・・って違うからww

シェブロン

実はフォークオイルだったんだ(棒)