XT660R ヘッドライトをイタリアから取り寄せてみる。

過去記事に書いた、XT660Rのヘッドライトリフレクターが溶解している件


買ったあとに気がつくあたりがアホだったなぁ・・自分。
逆車の珍車ゆえに店もどうにもできなかったとは思うが。
この状態でも車検は通る光量と光軸は出るし、一見して溶けた部分も見えないので、問題は無いといえば無い。



これを直すには、リフレクターの交換が必要なわけです。

そのうちにどうにかすればいいや~と適当に考えていた。

とはいえ逆車の純正部品は日本では手に入らない。
汎用部品ならともかく、車種専用部品は日本には存在しないのだ。


ここ数ヶ月、暇を見つけてはジャンク屋巡りやら1日3回のヤフオクチェックは欠かさず実行してきたが、
やはりこんな珍車の中古部品が見つかることも無く、どうしたものかと考えていた。

やはりヨーロッパ、ロシア、ブラジルあたりから直接買うしかないだろうという結論になっていたのだ。


その場合の具体的な手段を模索していたところ、最近になってTorinoのagentを仲介して直接本国で純正部品を発注してもらい、それを日本に送ってもらうように手配することに成功した。


agentからの連絡によると、価格は十分安いものだった。
やはりイタリアでは現行販売ラインナップであるXT660Rである。
オーダーそのものには何の問題はないようだ。


-----------------------------------------
CODE 5VKH410A1200
MOD. XT660R 04
DESCRIP. HEAD LIGHT UNIT ASSY
QTY 1
PRICE 123.50
SUB TTL 123.50
SHIPPING 29.00
TOTAL EURO 152.50

-----------------------------------------


品番は5VKH410A1200に変更されているらしい。


日本のヤマハでは部品が存在しないくせに部品検索ではしっかり出てくる。
しかも¥39,270というボッタクリ価格だ。

イタリアでは123.50€である。
郵送を含めても日本円換算で¥16000程度というスバラシイ価格であった。

ついこの前、ドル円の戦後最高値を更新したばかりだが、クロス円の結果だけでなく、ユーロそのものも下落しているので結果的に円高がさらに進んでいるわけだ。

今がチャンスとばかりにアクラポヴィチかレオビンチマフラーでも注文したいところだが、我が懐の日本銀行券は限りなく寂しい限りであった。


見積もりから発注まで数日、入金してから1weekぐらいで入荷予定、検品後、さらに日本へ郵送で2weekほど。
エージェントからの話だと、予想通りヤマハイタリアは対応が遅いらしい。
日本のように注文したら翌日入荷とはならないようだ。どうせ最短予定で届く筈は無い。
今回は送料をケチってEMSではなく国際書留で送ってもらうので、間違いなく1ヶ月以上は待たされることであろう。


残念なことにメール送っても返事が遅いんだよなぁ。頼むぜイタ公。
こういうときせめて英語が喋れたら話が早いのにって思う。
でも勉強キライだし、外国語を話せるようになる事は一生無いのではないかと思う。
何か目的があれば覚えるかもしれないけどさ。。
チチのでかいパツキンねーちゃんに教わったら早く覚えるかな。(*´д`*)ハァハァ




この記事を公開したタイミングで、発注から既に3週間ほど経過しているが、未だに入荷されないらしい・・・。
agentが言うには、イタリアヤマハの対応が遅いとの事。おのれイタ公め・・。

コメント

非公開コメント