セロー225通勤号 交代 そしてスーパーカブ110

毎日50kmの通勤をがんばるセロー225W
修理のためドッグ入りすることにした。



今年は夏前から通勤常用にしたので走行距離が伸びた。
保険屋への申告もあって、とりあえず年間走行距離を5000kmぐらいに留めておこうと考えている。

こまごまと手入れはしているが、年代モノなのであちこちとガタも来ている。
エンジンはまだまだ元気だが、今までに足回りや駆動系、外装などはあれこれと修繕してきた。

F1000043.jpg


メーター読みは既に20000kmを越えているが、実走行かどうかはわからない。
既に元は取っていると思うが、91年の4JG1なので既に20年経っているわけだ。
いつまで乗れるかな。


ついこのまえ、タペットカバーのオイル漏れも直したところなのだが、今度はエキパイからの排気漏れが酷くなってきた。
マフラーとエキパイの接合部からのオイル噴き出しが多く、エンジンが汚れるどころか停車するとオイルが垂れてくるようになってしまったのだ。

エンジンから漏れているわけじゃなので別にこのままでも問題はないのだが、
オイルのせいで汚れも酷いし少なからずリアに飛び散ってくる事も考えられる。

ガスケットは夏に新品に交換したが、どうも上手く密着していないらしい。
液ガスもたっぷり追加したが、漏れは止まらない。
走行には支障がないが、床が汚れるのはイヤだなぁ。
これならタペットカバーのオイル漏れのほうがマシだった。


さらには去年オーバーホールしたはずの左フロントフォークからまたオイルが漏れてきた。
購入時からあったアウターチューブの打痕が原因と思われる。
これもまた修理せねばなるまい。

他にも細かい部品やら何やら欠品や調整が必要な状況。
色々と纏めて修理に取り掛かる事にした。




というわけで、通勤号はスーパーカブ110に交代となった。
今年の正月に買った新車だが夏前の段階で既に走行5000kmを超えている。

4485493_960211687_187large.jpg


純正グリップヒーター
純正オプション 前カゴ
旭風防SC09スクリーン
アウトスタンディングのダブルシート用リアキャリアを加工して純正キャリアと合体。
車体同色ベージュ ピリオンシート
アイリスオーヤマRVBOX

去年のままの冬仕様だが、もう9月も後半だ。直ぐに冬はやってくる。
真冬の通勤は寒さとの戦いなので、ハンカバ、グリップヒーター、大型スクリーンは必須。

雪が降ったらスパイクタイヤを買って秩父あたりを走りたいな。

コメント

非公開コメント