XT660R オイル交換 Verty 15w-50

購入から3000km走行。いい加減にオイルを変えなければイカンのである。


オイルはVertyの鉱物油15w-50を用意してます。
オイルを温めるべく台風の雨のなか、近所を適当に走ってきた。もうズブズブです。

DSC03782.jpg

さて、やりますかね。
実はドライサンプのオイル交換経験はほとんど無いのであった。
まぁ・・なんとかなるだろ。


エンジンガードのヘキサボルトをいきなりナメでしまい、小一時間格闘するはめに・・。
いきなり精神力を消耗し幸先の悪い出だしとなる。


DSC03740.jpg


エンジンガードを外したら、何故かカエルが干からびていた。
今思えば、これが不吉な予兆であったのだろう。

上部のオイル口を開けて準備する。

DSC03744.jpg

まずはオイルタンクのドレンボルトから抜く。
ここでボルトは受け皿に落としてしまったほうが危険が少ない。

DSC03745.jpg
廃油受けを近づけないと、結構な勢いでオイルが噴き出す。

DSC03746.jpg

あ・・、エキパイにオイルがダダ漏れ。

DSC03748.jpg

床オイルで汚れた。
その後起きる惨事に比べたらまだ序の口であった。


DSC03749.jpg

純正車載工具と一緒に付属しているオイルドレンを装着する。
これがないとエキパイにオイルが当たるので排出に苦労しそうだ。

DSC03752.jpg

SW-MOTECのエンジンガードに接触しそうだが、ギリギリOK。
うまくつくってあるようだ。

DSC03753.jpg

下のドレンボルトを外すには角変エクステンションが必要。
コレが無いとエンジンガードを外さないといけない。

DSC03762.jpg
DSC03763.jpg

まだまだオイルが出てくる。
XT660Rのオイル交換容量はオイルフィルター込みで2.6Lなんだけど。

DSC03765.jpg


納車時に新品交換されているはずなので不要なのだけど、オイルフィルターも開けてみる。
これが惨事の始まりだった。

DSC03770.jpg

既に上下のドレンも全開になりオイルは抜けている。
それなのにオイルフィルターを開けると結構な量のオイルが出てきた。
多少ではなくかなりの量だ。マニュアルでは100mLしか差は無いはずなのだが。

DSC03771.jpg

この時点でかなり床にオイルがこぼれている。
ドライサンプおそるべし


DSC03772.jpg

エア抜き?ドレンつきのオイルフィルターカバー。
エレメントはドラッグスター、ビラーゴ系のヤマハの汎用タイプ。
昔のってたSRV250とも同型なので予備もある。


DSC03773.jpg

下ドレンのガスケット。外径20mmで内径13mm
手持ちがないので再利用する。備忘のためサイズを記録。


DSC03775.jpg

上ドレンのガスケット。こちらは銅ガスケットだ。
外径16mmで内径6mm?こんなサイズは一般的じゃないと思う。
送圧機器とか産業機械用のワッシャーでも流用するしかない。

DSC03777.jpg

オイルの量は2.6L
ジョッキで2Lぐらい入れてエンジンをかけてオイルポンプを回し、また残りを入れる。
規定量があっさり入ったが、この時点でオイルゲージでは溢れそうなぐらい。





あとはエンジンを回して循環させるのだが、ここからが悲惨だった。

DSC03781.jpg

オイルフィルターのエア抜きドレンボルト。
エンジンをかけた状態で少し緩めたがオイルが滲んでも来ないので少し多く緩めてしまった。



すると突然ボルトが飛び、激しい勢いでオイルが噴き出してきた!!!

Σ(´д`ノ)ノ ぎゃあああああ!やばい!!

不意を衝かれフリーズ1秒、状況把握に1秒、あわてて指でおさえつつエンジンオフに1秒。

3秒間ぐらいは激しくオイルを噴き出していた。

一体、どれぐらい噴き出したのだろうか。

床はオイルまみれ、エンジンやカウルもオイルまみれ。






(;´Д`)どうしよう・・・。

とりあえず適当に数百mlほどオイルを追加してみた。



。・゚・(ノд`)・゚・。 もう泣きそうです。



このままでは作業が続けられない。
洗車してオイルを洗い流そうと考え、車庫のシャッターを開けると、外は土砂降りの雨だった。


(;´Д`)マジですか・・、台風まだ居たのかよ。
仕方が無いので豪雨を浴びながら洗車する。
シャワーが要らないのが唯一の救いか。


こんな日に洗車しているのは近所を見回しても自分だけだ。
絶対にアホだと思われているに違いない。



ある程度洗い流してエアで水分を飛ばしエンジンをかけると、エキパイに付着したオイルが燃えて白煙がもうもうとあがる。
どうみてもオーバーヒートしているようにしか見えない光景だ。


その後は床を掃除してオイルを洗い流し、片付けること数時間。
もう疲れたよ、パトラッシュ・・・。


長めのアイドリングでオイルが循環していることを確認しつつ終了。


結論。エア抜きは必要ないと思う。


コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

>エビさん
固くそそり立った突起から迸る液体がwww

>アオさん
エアバルブなんて無ければいいのに・・。

>ごんちゃん
もうつかれた(;´Д`)

エビさん、コメントがおかしくないですか?(´∀`)(笑)

今まで画像でこと細かに解説してたのに、悲劇時の文字だけ状況解説・・・
悲惨っぷりをものがたっていますね〜^^;
おつかれさまです・・・・・!!

不覚にもワロタw
うちのKもドライサンプなんですがエア抜きなんて付いてませんな。

なんだかお疲れさまですw
オイルタンクのドレンボルト、ヒヒ・・卑猥だ。