XT660R SW-MOTEC センタースタンド 取り付け

先月の中旬に発注したSW-MOTECのセンタースタンドが届いた。

SANY0005_20110813132258.jpg


前回注文したクラッシュバーより納期が早く、3週間で到着となった。
バカンスの時期だとか奴らは働かないだとか馬鹿にしてごめんよw


SANY0008_20110813132258.jpg
例によって読めないドイツ語の説明書がある。
図があるのでなんとなかるが、細かい順番がよくわからん。

SANY0009_20110813132257.jpg

ジャッキで倒れないように直立させる。
クラッシュバーにジャッキの足を当てるが、持ち上げる必要は無い。
クラッシュバーが無いノーマル車体だと作業そのものが難しいだろう。

SANY0010.jpg

クラッシュバー取り付けのときと同様にフットペダルと共締めするのだが、
説明書にはクラッシュバーと両方取り付ける場合の方法が書いてない。

SANY0012.jpg

右側フットペダルのボルト2本は、クラッシュバーに付属していたボルトと長さも全く同じだったので、そのまま使う。
そのかわり、クラッシュバーに付属してたスペーサーを外す。
こういう注意点の説明が無いのが外国製。
もしかしてどこかにドイツ語で書いてるのかもしれないけどさ・・。

センタースダンドのスプリングは2本付属してたのだが、説明書の付属品一覧には1本しか無い事になっている。
太さが違うので使い分けろってことなんだろうけど・・。


SANY0013_20110813132257.jpg

スプリングフックという工具がないと、このサイズのスプリングを力で強引に引っ張って取り付けるのは困難だ。
とはいえ取り付けないと作業が終われないので根性しかない。

SANY0014.jpg

気合でなんとか細いスプリングの取り付けに成功。
太いほうを取り付けたかったが、スプリングフック無しでは絶対に無理。


SANY0015.jpg

無事取り付けできた。
社外品のわりにしっかり倒立する。
動作、機能に問題はなさそうだ。

スプリングが弱いのか、センタースタンドの動きが軽い。
走行中に上下にゆれそうな気がする。
もう一本の太いスプリングにすればよかったのかもしれない。


というわけでスプリングフックを入手してリトライ。

SANY0028_20110820123648.jpg
TONE 前田金属工業のテンションスプリングフック ¥1780もするが常備しておきたい一本。


SANY0029.jpg

太いスプリングの取り付け成功。
しっかりとテンションがかかっている。これが普通のセンタースタンドの動きだろう。
あの細いスプリングは一体なんだったのだ?

SANY0030_20110820123647.jpg

GIVIチューブラーパニアホルダーと、センタースタンドの踏み込みペダル部分がかなり接近している。
これでは靴のつま先が入らない。
ちょっと動かせばOKなので、スタンドかけるときは一工夫必要。
こればかりは仕方が無いかな。




やはりビッグオフにセンタースタンドは必需品だ。
コレがないと、タイヤ交換、オイル交換などに非常に不便だ。
サイドスタンドだけでは、出先でのパンクなどのトラブル対応も車重があって困難だろう。

非常に満足な一品です。

コメント

非公開コメント

Re: スプリング


そういわれればどこかでそんなの見た事があります!
そうか・・、そうだったのか~。全く思いつかなかったですよ。
帰ったら早速やってみます!


スプリング

ども、初書き込み^^
スプリング・・・よく、中に通して2重で掛けてるの見ますね。
車重の関係でしょうか?
マニュアルは、そんな感じの画じゃないですかね?