SUZUKI V-strom1000ABS 勝手にブローバイ大気開放

V-stromミーティングの帰りに、スズキワールドに寄ってオイル交換した直後だろうか?

交換直後の走行から、妙にオイル臭いなと感じていた・・・。

オイルフィルターも同時交換したので、直下にあるマフラーに多少オイルが付着してそれが燃えているのだろうと思い込んでいた。

スズキワールドからの帰路も短く、V-stromミーティングからの疲れもありあまり気にせずにそのまま帰ってしまったのだった。

その翌週末の土日もキャンプツーリングで長野へ向かい往復700kmほど走行

なんだかいつまでもオイル臭いなと思ったものの、特に走行に異常もなく外見からも異常が見当たらないためそのままになっていたのだった。

洗車でもしようと車体をみると、なぜかエンジン上部やハーネス付近にかなりのオイル汚れが目立つ

なんだこれは・・?オイル漏れ?なぜだ・・?


image001_20170923173920c51.jpg

仕方がないのでバラしていく

タンクを外すためにはシートやカウルを外さないと持ち上げることすら出来ない

image006_201709231739166d0.jpg

このあたりは汚れが付着していない、原因はどこだ・・?

image003_20170923173921b2b.jpg

なぜこんなことに・・・? ブローバイのリターンホースがエアクリから外れている。

ここからブローバイオイルが噴出して周辺にまき散らしている様子だ

こんなところ勝手に外れないと思うが何故??



推測される原因は以下の通り

 1、オイルの臭い発生の時系列からしてオイル交換時に抜けた

最初はそうかと思ったけど作業手順からして違うと思いたい
たまたまそのタイミングだったかと思う
しかしながら、事実として店で作業した直後から明らかに強いオイル臭が発生したのだった


 2、いつからか半抜け状態だった

ありえなくもない話、たぶん最有力
私は購入時からこの部分に関しては1回もバラしてないが、アラームのインディケータLED等が増設してある状態で購入したため、
店で必ず1回以上はタンクを持ち上げているはずだろう
それにリコール対象車両であるために、以後ももう一度タンクを持ち上げる作業をしているはずだ
つまりスズキワールドで複数回この付近にアクセスする作業を行っている事は間違いない
その作業時に、ホースに何かしらのテンションが加わり完全に抜けないまでも半抜け状態だった可能性は否定できない


 3、振動で抜けた

うーん、もしそうだったらリコールものの欠陥だろう。
当然ながらゴムもまだ柔らかいしエアクリBOX側もワレや削れも変形も無い。
まだまだ新しい車両なので部品の劣化という事は考えられない。



image010_20170923173918454.jpg

約9000km走行時のエアクリエレメント
まあまあキレイな状態、まだまだ使えるね

image009_2017092317391773b.jpg

思ったよりバタフライも汚れていない
結局なんだったのか原因を追及することはできない


正直なところ、オイル交換ごとき店に頼むんじゃなかったと思う。
いつもなら軽整備を店に頼むようなことはしていない、出来る限りは自力整備が基本だ。
あの日は、浜松からの帰りであまりに疲れていたために正常な判断能力を失っていた。
面倒だし帰りに寄って頼んでしまおう・・そう思ったのが失敗だった。

誤解があってはいけないのでハッキリしておきたい
店が過去に整備作業をミスった事が原因とは思っていない(というか何の証拠も無いし全て推測に過ぎない)

このようにいざ何かが起こったとき、自分で整備していないと何時何処で何が問題だったのかが全く分からないわけだ。
だから気の迷いでオイル交換如きを店に頼んだ自分がアホだったなぁ・・と後悔している

まぁ壊れたわけでもなく早めに気が付いてよかったと思うわけですよ

コメント

非公開コメント