SUZUKI JIMMNY ナンバーを白くしてみた


軽自動車であるJB23Wのナンバープレートを白に交換してみました。

2_20170704154441d09.jpg
3_2017070415444311c.jpg


ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート
http://www.rikuriku.or.jp/design/index.html

驚くべきことに軽の黄色ナンバーは何故か白になります。
これに交換するとまるでシエラと思いきや、そんな考えが浮かぶ人間はすぐにフェンダーやバンパー形状に目がいってしまうわけで・・。

ジムニーの知識がない一般人からすれば、大柄で車高が高いカスタムされた軽ジムニーのナンバーが白ければ勘違いしそうです。

ただの自己満足とハッタリでしかないわけですが、皆さん考える事は同じらしく申し込みはかなり多いとか。
ある報道によると、4月末時点で約3万4000件の申し込みがあり、そのうち自家用、事業用の普通・小型自動車用は約7400件で、自家用軽自動車用は約2万6600件だそうで。
軽自動車用のなかでも、「寄付金なし」タイプを選ぶ人の割合が多いとのこと。

そういえばこの前の6カ月点検に行ったときに、納車予定車がみんな白ナンバーになってた。


WEBで事前申し込みと銀行振込で支払い、2週間後以降に所轄の陸運事務所か軽自動車検査協会に出向いてナンバー受け取りです。

図柄ナンバー申し込みサービス
https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html

ディーラー等で代行してもらう場合が多いみたいですが、簡単な手続きだけなので私のような時間はあっても金が無い貧乏人は自力で軽自動車検査協会に赴くわけです。

書類一枚にハンコ押して車検証コピーとナンバープレート現物と引き換えに即日入手です。
1_20170704154440b5a.jpg

費用は寄付金無しの無地ナンバーで番号そのままで7100円でした。

ETCゲートの通過時の認識については元々色で判別していないとの事で問題ないとか。
ETC化されてない田舎の有料道路等では普通車料金請求されそうで心配だな。

ちなみに交付期間は平成29年4月から平成32年1月までらしいですぞ。

コメント

非公開コメント