SUZUKI JIMMNY LAND VENTURE が納車されたわけだが

というわけで昨年冬に新車を注文しちゃったわけだが。

年末年始を挟んで正月。やっと納車となった。

image010_20170113195032ded.jpg

まさにスズキ・・。
もう完全に保菌者となってしまった。


image018_20170113195034b91.jpg

ランドベンチャー新車だったはずなんだが・・。


  びふぉー

jimny_ZVD_2017011320034390c.jpg


  あふたー
 
image009_20170113195031510.jpg

ベース車両 JB23W 10型 ランドベンチャー MT 新車

  外装はRV4ワイルドグース仕様

ワイルドグース クローラーバンパー
ワイルドグース クローラーエプロン
ワイルドグース クローラースキッド
ワイルドグース コーナーバンパー
ワイルドグース リアヒッチバンパー
ワイルドグース エンジンスプラッシュガード


image015_20170113195204ec4.jpg

特筆モノなのが、ラダーフレームに直付けの前後クローラーバンパー。

最大角度のアプローチアングル、デパーチャーアングルを確保しつつ、強固な防御力を手に入れた。
かなりの強度があり、もし追突されても相手が壊れるし、轢いたら相手は死ぬ。
バンパーの剛性は高く、スタック脱出時にはハイリフトジャッキを掛けられるほどの強度がある。

ジュラルミン4mm厚のスキッドプレートを装着し、左右に純正フォグを専用ステーにて装着。
オプションのマウントを別途装着することでウインチ搭載も可能だ。

image005_20170113195205876.jpg

前後4方向に強力な牽引フックがフレームに回るような構造でバンパーと合体されている。
最大5方向への牽引が可能になった。

リアバンパーには2インチのヒッチメンバーと一体型なので、ヒッチキャリアの装着や、トレーラーの牽引も可能だ。
トレーラーについてはそもそも住環境的に無理だけど。
主にヒッチキャリアの運用を考えている。





image003_20170113195531c8e.jpg


  足回りおよび排気系はオフロードサービス タニグチ製

タニグチ ソルブLOB 3インチアップコイル
タニグチ ソルブスーパーロングショック
タニグチ 補正キャスタードリーム 調整式ラテラルロッド ブレーキホース延長
タニグチ スペアタイヤ移動キット(表向き用)
タニグチ スペアタイヤ移動キット用ナンバー移動キットLEDナンバー灯
タニグチ HKS コンペティションマフラー3


ノーマルから一気に3インチアップと大径タイヤ装着で車高が大幅にアップ。
これにより泥や水、雪などの深いフィールドでの走破性が高まった。

リアのクローラーバンパー設置に伴いナンバー取り付け位置も移動となる。
スペアタイヤも大径タイヤ装着と合わせてタニグチの移動キットにて右上にセット。

マフラーはオフロードサービスタニグチがHSKと提携しているオリジナルマフラー
一応のターボ車であるし軽量化、静かだけどノーマルより良い音を目指してチョイス

車のパーツは意外とバイクより安くて助かる。



 
image008_20170113195030b08.jpg

この仕様でダートはもちろん、サンド、ロック、雪、浅瀬の渡河、非常時は50cmぐらいまでの水深なら侵入できるだろう。
ナックル部やデフの事を考えるとキングピンより深い水没とか絶対嫌だけど。



ここまでやっておいて、タイヤをあえてGEOLANDAR AT-S 185/80R16にしてみた。
結局街乗りメインになってしまうし、ATタイヤのほうがいいよね・・、たぶん。

本当はクリーピークローラーとかジオのワイルドトラクションみたいなガチなマッテレを履かせてトツゲキしてみたい気持ちもあるのだけど、底辺庶民の分際で新車で横転とかしたらワラエナイのでやめておく。


エンジンと駆動系はノーマルのまま。

いつかLSDやエアロックとか入れてみたいけど、ここら辺はお値段が・・。

タニグチのファイナルLSDが欲しいけど、それだけのために20万円は出せない。
しばらくはオープンデフでがんばる。

純正OPのヘリカルLSDでも十分じゃないかと思ってるけどどうかな?

たぶん9割方街乗りです・・。
でも足周りだけでかなりの処まではやれるんじゃないかな。



今日明日は大雪らしいのでちょっと山へいってみたいなぁ・・。

コメント

非公開コメント