SUZUKI V-Strom1000ABS GIVI RP3105 アルミアンダーガード装着してみた。


V-stromにGIVI RP3105 OIL CARTER PROTECTOR を装着した話



V-strom1000ABS はスズキの往年の迷機TL1000の系統である縦90度水冷Vツインである 。

pc.png

エンジンの腹下前にエキパイとオイルフィルターが突き出ているため、何のガードも無い状態。
これでは無防備極まりなく、ノーマルの状態では実に冴えない。


もちろん純正アンダーガードを装着しているのだが、これが樹脂製なので実に心許ないものであった。

image015_2016072921341144f.jpg

94400-31860 アンダーカウリング ¥19,440(税込)

とはいえ最低限のガード能力は備えているのだが、エキパイ上部への飛び石や接触を防ぐには弱すぎる。



rp3105.jpg

このアルミ製アンダーガード、正式にはオイルキャッチャープロテクターという名称となっている。

見ての通り、腹下からエキパイまでを広範囲にガードして飛び石にも万全な防御力を備えることになる。

一応アドベンチャー系な車両なのでこれぐらいの防御力は欲しい。


毎度の事だけど、イタリアから直接買ったほうが安い。
ポチって待つこと2週間ほど・・。

image004_2016072921304808c.jpg

やってきましたRP3105です。
取付方法は純正OPのアンダーカウルと同じように、クランクケースカバーのボルトにステーを共締めして固定します。


image002_2016072921304777c.jpg

腹下までしっかりとガードされます。

気になるのはV型エンジンのためエキパイの一部が露出している点です。
ここにチャンバーガードのようなシールドを固定している外国人のブログを見ましたが、そこまでやらんでもいい気がします。
運悪くエキパイに石でもヒットしたら諦めましょう。

オイルのドレンボルトに穴があいています。
たぶんこのままオイル交換できると思いますが、外したほうがいいでしょうね。

image009_2016072921304550e.jpg
image012_2016072921304550a.jpg

取付完了しました。
たしかに防御力は高まりましたが・・。

なんだかイマイチな感じがしてきました。
(´~`)なんでだろう・・??

image005_20160729213050f0d.jpg

車両全体のデザインと色使いと、このアンダーガードの組み合わせが良くないのか?

太陽の下で見たらまた違うのかなかぁ?

とりあえずこれで旅にでよう。

コメント

非公開コメント

さっそくの返答ありがとうございます!

モヤモヤしてた気持ちが無くなりました!

これからも ブログを楽しみにしています。

Re: タイトルなし

>シラス さん

はじめまして、こんにちは。
結論から申し上げますと、背中に当たりません。

画像のバッグはタナックス キャンピングシートバッグ2です。
これをトップケースにピッタリ寄せるようにリアシートに固定しています。

このバッグに荷物満載で1週間以上走った限りでは、通常のポジションで背中に接触するような感触はありません。
むしろ荷物の安定や背もたれ的に寄りかかりたくて、わざと後ろ気味に座っていたぐらいです。

厳密に背中と接触するかどうかについては、ライダーの体格や装備によって変わるかと思います。
とにかく、このバッグのせいで狭いとかキツイとかは一切無いです。

こんにちは。

いきなりのコメント 申し訳ありません…

そして いきなり質問させて下さい。

僕も同じバイクに乗っていて 最近積載を増やしたく写真と同じシートバックの購入を考えています。

そこで質問なのですが、giviのボックスを装着し なおかつシートバックまで装着すると運転時に背中に当たるのでは?と思い踏み切れないでいます。

もし 宜しければ教えて頂いても良いですか?

宜しくお願いします。