SUZUKI V-Strom1000ABS キジマ グリップヒーターGH07 装着

この真夏のクソ暑い中、グリップヒーター キジマGH07を装着してみた。


車両購入時にオプションでスズキ純正グリヒは装着しなかった。

57100-31850.jpg

あれはホンダ純正とまったく同じものであるが、何故か大型でも半周ヒーターというショボいものであった。

スカブ650も純正グリヒは半周だった。マジで意味が分からん。

こんなものを2万円以上と工賃を払って取り付けるぐらいなら、自分で好きなのを買ったほうがいい。

image014_20160702152819125.jpg

スイッチがグリップと一体となったキジマのGH07を購入。

ホンダ純正スポーツグリップヒーターの廉価版といったところか。


image012_201607021528186de.jpg

スズキ車の純正スロットルコーンは変な突起やリブが大量についている。

仕方がないからカッターで削ってフラットにしてから取り付ける。

このキジマのグリヒはグリップの内側が硬い筒になっていて、ほどんど弾力が無い。

おかげでボンドも不要なほどキツくてハンマーでたたき込んだ。

もう二度と取れないんじゃないか?

社外のスロットルを用意すべきだったか・・。

そのうち何か用意してみよう。


image011_20160702152817030.jpg

左側もバーのみなのにボンド不要なほどの固さ。
右側程ではないので強く押し込めばなんとかいける。

グリップにボタン合体しているのはやはり便利だ。


想像以上にグリップが細くて、純正グリヒのような握り難さが無くてとても良い。

LED色で5段階切り替え 11.5V以下で自動OFFなど純正グリヒと同等の機能で約1万円とは非常に安い。

消費電力もMAX38W程度で十分余裕がある。

当たり前だが最大にするととても熱い。

グリップやスイッチのクオリティを比べれば純正品には劣るものの、機能的には全く遜色が無い。

ホンダスポーツグリップヒーターとほぼ同機能でグリップの細さ、握り具合、なにより価格の安さでコスパ最高である。

コメント

非公開コメント