SENA 20S 買ってみた。

春も本番となって今年も本格的にバイクシーズンとなった。

ナップスのセールに惑わされ新型インカム SENA 20Sをポチってしまったわけだが・・。

image002_20160409120714ab7.jpg

http://senabluetooth.jp/20s

SENAは数年前の発売当初から南朝鮮製と知り購入対象から外れていたのだが、あっというまにシェアを伸ばし気が付けば最高峰に・・。
今年のモーターサイクルショーにて各社よりインカムの新型発表と実機を見比べつつも、やはり機能性能でSENA20Sより高機能なものは無いと判断したのだった。



インカムを買い替えた理由はいくつかある。

1、現在のメイン利用であるInterphoneF5シリーズの将来が見えないこと

先のモーターサイクルショーでInterphoneシリーズの新型を見てきた。
新型は最大4人通話でボタン一発で全員に接続できるようになったらしいが、結局は旧F5ユーザーを含めた接続ではそれが出来ないとの話だった。
そうなると多人数接続時の煩わしさは解決されず、結局なところ本体の劣化を待って他機種に乗り換えたほうが良くなってしまうわけで・・。

2、セルラーラインのサポートがショボい

過去数回のファームウェア更新にて対応された内容はバクフィクスばかりで機能改善はほとんど無い。
他のインカム製品に比べてあまりに弱い対応と言わざるを得ない。
国内正規品のInterphoneF5MCも買ったが、メリットといえば2年保証しか無いのであった。

3、周りにSENAユーザーが増えてきた

InterphoneF5シリーズは所詮はマイナーな商品であった。
私が巻き込んだ仲間以外にはF5ユーザーがいない。
時間とともに不便を感じることが増えていくだろう。

4、他社インカムとグループ通話

F5MCではユニバーサルインターコム機能で他社インカムと通話ができるが、それはあくまで1対1での事。
F5のグループに他社インカム1台が混じることは出来ない。
しかしながら、SENA20Sのグループ通話には複数台の他社インカムが混じることが可能であった。
さらにはグループ通話にかかってきた電話を交えることすら可能だという。
つまり、現状InterphoneF5を使っている仲間と共存しながら徐々にSENAに移行すれば利用上困らない。
これは非常に大きいメリットだと思う。


これらの問題点を別にしても、経年劣化により電池の消耗など、近い将来に何かしらの製品に更新せざるを得ないのである。
とはいえ全員が一度に他機種に買い替えることも出来ない。
せっかく仲間内で同じ機種環境をそろえたのだから、他機種に移行するにも可能な限り旧環境と併用しつつ以降できるのが望ましい。

これらの理由によってSENA20Sに移行するしかないという結論に至った。





まだ触った程度でインプレッションできるほどの理解が無いが、特徴的な点を紹介しておく。


1、サポートがすごい

F5と比べたら素晴らしい保守体制である。
SENAのHPからJogdial倶楽部なるユーザー専用HPに製品登録する。
シリアルNoとブルートゥースのNoまで管理される。
専用のユーティリティーによりPC上から設定変更、ファームウェア更新や旧Verへのロールバックまでできる。
ファームの更新頻度がとても早い。

2016-04-07.jpg

2、機能がすごい

スマホのアプリから同様の本体設定変更が可能
ペアリングの登録設定も非常に簡単であった。
image004_20160409130215926.jpg image001_20160409130211853.jpg

FMラジオのプリセット登録変更も可能。周波数帯も全世界対応なのでAM補完のワイドFMを受信できる。
ラジオをよく聞いている私にはかなり利便性を感じる。

image002_201604091302129ba.jpg image003_201604091302149cb.jpg

特筆すべきはペアリング登録とグループ通話の開始方法だろう。
このアプリにグループを登録しておくだけで操作一発でグループ通話が開始される。
グループ通話の際はとにかくリーダーが1名の操作だけで、その他メンバーはほとんど何もしなくていいようだ。


これらの使い勝手については、既に色々なレビューが散見されるので改めて詳しく記載することも無いだろう。
詳細な設定操作については公式HPでYOUTUBE動画にて見ることができる。



image001_20160409154121c87.jpg

取付はクランプ固定か両面テープになる。
どちらでもベース部分の取り付け位置は同じ。

このようにメット下部にベース本体が出っ張るのがやや気になるが、
横向きにケーブルが出ているので接触することは無い。
むしろベース部分は金属なのでケーブル部分をガードする構造になっている。


SENAのフラッグシップだけあって付属品も充実していた。
なぜかアームマイクが2本あったり細かい調整パッドやスポンジやらmicroUSBのシガー充電器まである。
もちろん充電しながら使用も可能だ。




私が巻き込んだ旧F5の仲間たちへ。

いずれインカムを買い替えるときは是非SENAシリーズをご検討いただきたい。
これでいまのところ3人?

コメント

非公開コメント