2015夏 東北ツーリング 5

4日目です。

青森も最終局面に来ました。

今日は下北半島を一周します。

青森駅前を出てからR338を延々北上し海沿いを走ります。

image038_20150814101744d91.jpg

むつ市を通り過ぎて、下北半島の外洋側に出ると、また綺麗な海が広がってきます。

image034_20150814101748368.jpg

平地が無いので海と峠道が延々と続きます。
大間まではかなり遠いです。

image037_20150814101743f54.jpg

手前でエネルギー補給です。
本当は隣の有名店で大間マグロを食べるつもりだったのですが、行列に並ぶという行為が大嫌いな私は隣の店で妥協してしまいます。

image036_20150814101746417.jpg

しかもまたウニ丼です。
迷ったらウニという小市民的な発想をしてしまうところが悲しい。

しかしながらこのウニ丼、すぐ隣の漁港でとれたばかりのウニをそのまま乗せてます。
お値段は¥1500でした。
他の観光地のウニ丼よりかなり安く、また味も一番良かったです。




image027_20150814101843415.jpg

とうとう着きました。
本州最北端の地、大間岬です。

image025_201508141018452db.jpg
image023_20150814101846573.jpg

龍飛で見たような、大間のマグロが鎮座していました。
すぐ先に弁天島と灯台が見えます。


ここでも大間のマグロの店は長蛇の列。
マグロは諦め土産を買い込み早々に出発しました。




R279をむつ市方面へ戻ります。

薬研温泉を抜けて恐山へ向かいました。

image022_20150814101942d70.jpg

恐山に近づくと、川が硫黄のにおいでいっぱいです。
温泉っぽいとしか感じませんが、地獄の雰囲気とやらになってきました。

子供の頃から、恐山といえば夏休み、夏休みといえばTVの「あなたの知らない世界」の心霊写真、そして宜保愛子など、オカルトネタがけっこう好きでした。

image018_20150814101943a8e.jpg

霊場恐山キター
入館料500円というところに何かしらの霊験を期待せざるを得ないww

image017_20150814101945785.jpg

最初の門をくぐると、石畳が続きさらに奥へ。

ここですれ違った観光客家族の会話が耳に入ってくる。


  子供 「 ねえ、パパ?立派なお寺なのにどうしてお坊さんがいないの? 」

  父親 「 ι(´Д`υ)アツィー きっと暑いから涼しい部屋に居るんだよ。 」

  母親 「 修行が足らないんじゃないの? 」

不謹慎ながらワラタ

  
image013_20150814101946f65.jpg

賽の河原らしいです。

石が詰まれて小山になったものが至る所にあります。
じつに寂しい雰囲気です。

image012_20150814101948a1b.jpg

供養塔が大量にあります。
こりゃ怖いと思う人もいるかなぁ。

イタコの口寄せとか、昔の人は信じていたんだね。
最近はカルト宗教の頭目がイタコ芸(笑)で高倉健とかSTAP細胞の小保方さんの守護霊とか、サッカーの本田の守護霊とか、意味が分からんものを呼び出しているイメージしかないのでお笑いとしか思えない。

ついさっきまで晴天だったはずなのだが、何故かだんだんと黒い雲がかかってきた。



image006_201508141020406e2.jpg

拝観を終えて出てくると、霊験あらたかなアイスが売られていました。
霊場アイス、恐山盛り!ww

image004_20150814102041615.jpg

合掌しながらいただきます。
しかしながら、めちゃくちゃ不味い。

アイスクリームではなく氷菓子?とにかく不味いです。




恐山を後に南へ下ります。

今夜は八戸のホテルへ宿泊です。

あまり不謹慎な考えがめぐっていたせいなのか、天気が崩れ雨になってきました。

すでに夕刻になってきましたが、恐山から八戸まで120kmぐらいあります。

下北半島は本当に広かったなぁ・・。



ホテルに落ち着いてから、地元の寿司屋にて夕食。

image003_2015081410213733a.jpg

本八戸駅前の老舗らしいです。

とても満足な味とお値段でした。


4daymap.jpg

本日の走行距離400km

コメント

非公開コメント