2015夏 東北ツーリング 4

3日目です。

十和田湖生出キャンプ場を出発して青森県に入ります。

一応旅の目的は青森県だったので、ここからが本番なわけです。


十和田湖を北西に抜け、弘前市を通って龍飛岬を目指します。


image071.jpg

男鹿半島あたりから海沿いにかなりの数の風車を見ることが出来る。

関東では見かけない程の数の風車が並んでいる。

風力発電も珍しいものじゃなくなったんだなぁと実感。

このままつがる市を抜け、十三湖でシジミ汁をすすりつつ、ひたすら北上する。


image070_201508131727149be.jpg

龍飛岬へ通じる R339 竜泊ライン。
こんな感じのくねくね道が続きます。

image069.jpg

龍飛岬に到着です。結構遠かったなぁ・・。

すでに脳内では 津軽海峡冬景色 が延々と流れています。

image067.jpg

龍飛岬の展望台からの景色。

海上自衛隊 竜飛警備所のレーダー設備で占められていて狭い空間しかない。
近代以降、我が国 不倶戴天の敵である、イワンの馬鹿共の艦船を常に警戒監視しているわけです。


そして下の売店へ。

image065.jpg

イカがクルクルと回る機械があります。
たぶん一夜干しを作るんだと思います。
これなら虫もつかないし、遠心力でピンとまっすぐなイカが出来上がるでしょう。
なにより見てて楽しいw

image062.jpg

回るイカを眺めていた私に売店のおばちゃんがイカ焼きを勧めてくれました。
これで100円。
かなり美味いとおもってお代わりしたくなったけど恥ずかしいから我慢してやった。
今は後悔している。

image066_201508131743118d0.jpg

大間のマグロに対抗してるのか、竜飛のマグロらしい。
津軽半島と下北半島も漁場は殆ど同じでしょう。

image059.jpg

これが噂のR339階段国道

image055_2015081317430732f.jpg

本当にただの階段道です。
国道のくせに冬は除雪されないらしい。

image053.jpg

津軽海峡冬景色の石碑です。
真ん中にある大きなボタンを押すと、津軽海峡冬景色が省略無しで流れます。

常に誰かボタンを押すので、延々と歌が流れます。
結構良い音響です。 結構好きです。


よく考えると、龍飛岬 = 津軽海峡冬景色 ってあまり関係は無いような気がするんだけど。。。
航路は青森港から函館港だったし、船上から龍飛岬が見えたかどうか判らないけど、距離的には高野崎や大間岬のほうが良く見えたと思う。



龍飛岬を離れ青森市へ。

今夜の宿は青森駅前のホテルです。

まだ時間が早いので青森市内を通り抜けて前泊した十和田湖方面へ戻ります。

image042_20150813195309bb8.jpg

今夜はホテル泊ですが、せっかくなので温泉に入ろうと酸ヶ湯まできました。

青森市内から結構近い印象です。

入り口の自販機でチケットを買うのですが、混浴と男女別の風呂に分かれています。
うーむ、知らなかった。マジで混浴かぁ。
どうせチン○が勃つような若い娘はいません。
空いているほうを選びました。




そして、ここは八甲田山。

八甲田山といえば、 明治35年の大日本帝国陸軍 青森歩兵第5連隊 八甲田雪中行軍 です。


image049_20150813195201fde.jpg


立直したまま仮死状態で生還した後藤房之助伍長の像

太平洋戦争中の物資不足による金属徴収が進む中、この銅像だけは撤去されることはなかったそうです。

image047_2015081319520614d.jpg
image045_20150813195205be2.jpg
image044_20150813195204872.jpg

後の世の検証により色々な意見のある事件でした。
犠牲となった帝国軍人の魂に祈りを捧げます。

戦後、連隊名を継いでいる青森駐屯地の陸上自衛隊第9師団第5普通科連隊が八甲田山での冬季雪中戦技演習を無事達成し、リベンジを果たしています。



青森駅前のホテルにチェックインしてから駅前を散策していると、怪しい老婆に声をかけられた。

 老婆  「  お兄さん、若い子と遊んでいかないかい? 」 

  俺   「 えー?どういうこと(笑) 」

 老婆  「  若い子いるからさ! 」

  俺  「 いや、だから説明しろよww 」

 老婆  「 すぐそこだからさ、若いよ! 」


そりゃどんな嬢でもあんたより若いだろう。
とにかく詳細を言わないこのババア。
まぁ官憲にバレたらまずいから具体的な説明をしないのは当然とはいえ、これではまったく判らん。
旅の恥は掻き捨てとばかりにホイホイついていこうのものなら、稲川会のチンピラが出てきて身包み剥がされるのがオチであろう。

健全な赤提灯で軽く飲んで就寝。

 
3daymap.jpg

3日目 走行距離 369km

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

>アオさん
ツワモノ向けというよりカモ専用みたいな感じでしたね。

Re: タイトルなし

>ひんじさん
手抜きな写真で恐縮です。
FJRならきっと最高だと思います。
ぜひ行ってみてください!

青森でそんな地域が、、、調べたら駅の近くに多いみたいですね。
つわもの向けということでしょうねぇ。。。

竜飛岬の写真ありがとうございます♪ いい感じのクネクネ道ですね!私も改めて行ってみたいと思いました。

ブログ後半も楽しく読ませていただきましたw
(^^)d