バッテリーについてうんたらかんたら。

年末年始の暇なときにバッテリーをテストしてみた。


みなさんのバイクや車のバッテリーは元気ですか?

車もバイクも、寒い冬季にバッテリーがダメになりやすいです。

気温が低いとバッテリーは性能が落ちます。

何もしないでいると、どんどん劣化します。

しっかりメンテナンスすれば長持ちしますよ。



メーカーの建前上のバッテリー寿命は3年前後のようです。

とはいえバッテリーの性能、使い方、環境によってかなり変化します。

一般的な鉛バッテリーは、満充電を常に維持できるかどうかで寿命がかなり変動します。

適切な充電器等で定期的に補充電すれば望ましいですが、殆どの人は何もしないでしょう。

特にバイクの場合、乗る頻度が高ければまだマシですが、たいていは数年でダメになってしまうことが多いようです。


寿命の判断もまた容易ではありません。

ただ無負荷で電圧を測っても大体は定格12.5V程度は出ているでしょう。

最近のバッテリーは密閉型が多いので、電解液の比重も計れません。

一般的な定電流充電器で充電しても、比較的短時間で満充電となってしまうとか、

セルを回して負荷をかけた場合の電圧降下が激しいなど、

購入から一定年数の経過など、総合的に判断する場合が多いでしょう。


バッテリーによって5時間率、10時間率、20時間率で定格値が表記されています。

実際に適切な負荷をかけながら何時間使えるか実測すれば、消耗度合いが推測できます。

とはいえ実際にそんなテストをすればバッテリーは損耗しますし、時間的にもそんな事をやってられません。

もっと簡単に計測する方法があります。


CCAテスターでの計測です。

コールドクランキングアンペア、CCAと略します。

エンジン始動性能を表す尺度で、-18℃±1℃の温度で放電し、
30秒後電圧が7.2V以上となるように定められた放電電流とのことです。

要するに、クソ寒い時に、一気に電気使って、どれぐらいの性能なんよ?ってことです。
バッテリーの端子から内部基板の抵抗を計測しているみたいです。



新品時の値と比べて、消耗度合いが簡単に判断できます。

実際にやってみましょう。

image011_20141228130147ac5.jpg

自家用車のバッテリーです。

刻印260107A 8年前製造の古河HiDash 55B24Lです。
この製品のメーカー公式CCA値は不明ですが、JIS規格ではCCA370です。

このバッテリーには事前に充電済み。
比重は1.28
充電完了24時間後に計測しました。

CCAテスターで実測値 203でした。


バッテリー内部の電極基盤が劣化しています。
満充電状態であっても、新品の理論値に対して約54%程度の性能しかないということです。

このようにどんどん消耗していくと、充電しても、電圧を維持していても、
ある日突然、セルを回してエンジンをかけるだけの性能が出ない状況になります。

いわゆるバッテリー上がりというやつです。


ほとんど充電すらせずに年間2000km程度しか走らず放置しているのに、
よく突然死亡せずに8年も持ったなぁと関心しています。
さずが国産古河バッテリーと言うべきでしょうか。

電極自体の寿命を考えても限界だと思います。
安全を考えて新品に交換することにしましょう。

この55B24L古河バッテリーをおもちゃに遊んでみるつもり。


image013_20141228130150ced.jpg


新品バッテリーを買いました。

品質により国産以外に選択肢はありません。

比較的近い性能と思われるスタンダードな製品を選びます。

GSユアサ GST-55B24Lです。
定格容量も古河バッテリーと同一です。
製品のCCA値はメーカー情報が無いので不明ですが、同じくJIS規格上ではCCA370です。

image012_20141228130148c9a.jpg

製造年月日は2014年11月なのでとても新しいバッテリーです。
充電済み商品ですが、本来なら補充電を行ったほうが望ましいのです。
しかし、製造日からこれだけ新しいならこのまま計測します。

CCA値は、なんと494 と出ました。 オプティマ並みです!すごいぞ新品ww


image001_201412281425141e4.jpg


調子にのって他のバッテリーも見てみます。

去年秋に買ったスカイウェイブ650LXの純正搭載バッテリー、国産の古河バッテリーFTX14BS CCA200です。

計測の結果 CCA 281 と出ました。 本当かよw


image002_201412281425159e2.jpg

CRF250Lの純正搭載バッテリー YTX7L-BS CCA100です。
新車購入から1年半経過しました。

計測の結果 CCA166です。


image001_201412281338051c0.jpg

最後にスーパーカブ110のバッテリーを計測してみました。

純正搭載 GSユアサYTZ7S CCA130です。 

新車購入から丸4年経過しましたが、本当に今まで1回も充電した事がありません。

計測の結果、 CCAなんと137です。

まさか4年経過してまだ定格値以上の性能があるとは・・。

一定距離を毎日走っており、ほぼ決まった等間隔で1日2回、走行充電している事が大きな要因と思います。

さすが国産のGSユアサです。半島キムチバッテリーでは期待できないでしょう。

どこまで使えるか楽しみです。


皆さんもシーズンOFFの間にバッテリーを確認して楽しいバイクライフを!

コメント

非公開コメント