CRF250L トップブリッジ 修理交換

CRF250L トップブリッジ交換作業のお話です。

image020_20141103151629df7.jpg

トップブリッジを修理するはめになりました。
全てはあのZETAハンドガードマウントのせいです。

あれに付属しているステンボルトを緩めたら、トップブリッジのめねじ山が何故か崩壊しました。

image023_20141103151345a52.jpg

ねじ山が崩れてバカになってしまった。
タップで修正を試みるも規定トルクで締めたら完全にねじ切れてしまったわけで・・。




トップブリッジを外して、キーシリンダーを分離させようとしたら、どういうわけかヘキサボルトが既にナメている。
これ新車で買ったんだけど・・?どういうことよ?
納車時には確かにメーター0Kmだったし、納車整備でこんな所を触らないだろう。
ということは工場での組立時にナメたと思われる。

コメント頂いた方のお話で再度調べたところ、どうやら仕様のようです。
組み立て時に一度閉めたらナメたようになって外せない構造の専用ボルトでした。
90107-MBG-000 ボルト,ワンウェイ 8MM


image018_20141103151736998.jpg

当然のごとく全く回らないw
要するに、タイホンダ(笑)ということだ。
またもやマイペンライの精神で前向きに受け止めなければならない。

タイホンダ(笑)ではありませんでした。
もし私の戯言に影響された方がおられましたらお詫びして訂正いたします。


image016_20141103151734739.jpg

サービスマニュアルを再度読み返したら記載がありました。
メインスイッチマウントボルトを取り外すときは、ドリル等の工具を使用すると書いてありました。


仕方がないので逆タップをハンマーで打ち込んで叩き回したらなんとか回った。
もうちょっとマシなボルトに交換したほうが良いだろう。
なぜ新車から1年でこんなレストアみたいな作業を。。



image013_201411031519254b5.jpg

肝心のフォーククランプ部のねじ山修正を行う。
やっぱりヘリサートしかないだろう。

image010_201411031523481b8.jpg
image007_20141103152124463.jpg

ドリルで下穴作ってタップ立ててコイル入れて・・・。

image003_20141103151930f15.jpg

ヘリサート成功w
これで復活!とおもったんだが・・・。

image028_20141103152231c60.jpg

なんと!クランプ部が薄すぎて、タップを切った段階で限界を超えていたらしい。

ちょっと薄すぎでしょ~、コストダウンの結果なのかな。
あと0.5mmの厚さがあれば。。。悔しい。

ヘリサートもできない薄さのブリッジなんてひどいな。
ネジ山つぶれたら修理不能か?





結局、トップブリッジを新品交換するハメになりましたとさ。

image011_20141103152232b3d.jpg

53300-KZZ-900 ブリツジCOMP.,フオークト ¥11,232


image025_2014110315223458a.jpg

復活しました。

社外のトップブリッジがあったら交換したかったのだけど、結局ZETAしか無いので純正のままで・・。

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

>CRFL乗り さん
XRと比べてしまうと厳しいですが、CRFという名のファンバイクですので・・。
転倒しちゃいけないバイクですね。
宗一郎氏云々は、もはや過去の歴史でしかないのでしょう。
CRFに限らず最近のホンダ車はどうも面白みがないような気がします。

アドバイス助かりました。
電食ですね。私も、仕事上水道管の電食の知識はありましたが、バイクに当てはめるだけの知識が無かったです。
以前XRに乗っていたのですが、やはりCRFLは倒した時の衝撃や、破損がXRに比べて半端ないです。
たかが数キロのプラスでここまで違うのかと実感してます。
宗一郎さんが生きていても、時代の流れでやはり、こういうバイクを作ったのでしょうか?

Re: タイトルなし

>CRFL乗り さん
私もこの出来事の後、純正トップブリッジのネジ山を守るために、純正のボルトより5mm長い純正ボルトを使っています。

ステンボルトはお勧めできません。
電食といって、異なる材質の金属が触れ合うと電位差により急激に腐食します。
残りのねじ山も崩壊するかもしれません。

また、その状態だと、フォーククランプの締め付けが不十分な可能性があり、
転倒時に、フォーク片側だけに一気に力が掛かって最悪の場合フォークが曲がります。

すでにネジ山が無くボルトの強度だけで保持せざるを得ない状況なら、
トップブリッジごと交換したほうが良いと思います。

確かにそうですね。
今現在は、マウントのネジ山はすっかり無くなってしまい、ステンボルトの長めを購入して、マウント後ろにナットで固定してます。
ガード類は、あまりガチガチに固めても駄目って事ですね。マウントの恩恵で、転倒時のフォーク捻れは無くなったのですが、やはり、そういう力の逃しポイントを失ったら、車体が壊れるという事だったんですよね。
早めにはむおさんのブログを読んで良かったです。

Re: タイトルなし

>CRFL乗り さん
転倒などでガードに衝撃が加わると、このZETAマウントのボルトには相当の負荷がかかるようです。
私も過去に転倒してハンドルを曲げました。
ZETAマウントは、もっとトップブリッジ剛性が高いレーサーなどの車種にとりつけるべきなのかもしれません。
なんちゃってオフのCRFには、有事の際に被害が増えるだけでしょう。
転倒しても素直にハンドルだけが曲がってくれたほうがマシだと思ってます。

私も、ジータの例のマウント付けてます。
度重なる転倒で、すでにガードとクランプを繋いでるボルトは捻切れました。当初から、転倒する度にガードはクルクル回らなくなりましたが、ガード自体が変型曲がりを起こしています。
やはり、それ以上にトップブリッジ自体にに負荷がかかっていたのでしょうか?
取り付け当初から、何となくヤバイ感じはしてました。
私の車両のマウントも外そうと思います。

Re: タイトルなし

>あ さん
もう一度パーツリストを再確認しました。
おっしゃるとおり、ボルトワンウェイ8mmでした。
ご指摘感謝です!ありがとうございました。

キーシリンダーのボルトはワンウェイボルトですよ部品名『ボルト、ワンウェイ』
その部番だとシリンダーよりももっと小さいものを固定するボルトですね。パーツリストのよみちがいですね

Re: タイトルなし

> 自分の無知や思い込みでメーカーを非難しないで下さい。

あなたはメーカー関係者でしょうか?
確かに私は無知で思い込みで書きましたが、素人に問題ありと思わせるだけの状況と理由があるからです。
意見や反論があるなら、せめて名を名乗り、私が書いた疑問や問題点を説明いただけないものかと思いますがいかがですか?

自分の無知や思い込みでメーカーを非難しないで下さい。

Re: ご無沙汰してます!

>モンさん
お久しぶりです。
連日ごくろうさまです。
お値段なりだと思ってますんで腹も立ちませんが、結局自分できっかけ作って壊してますんで、まぁ仕方が無いです。
これで高級車だったらと思うと恐ろしいですが。

ご無沙汰してます!

モンシェルです~
久々戻ってきましたが、任務解除まではまだあと1週間ありやす・・・汗

しかしこれはひどいですね、作り込みがまるでホムセン並み?・・・汗笑
早く家に帰りたい一心でボルト頭に青マジックで適当に使用箇所をチャッチャと色別して、モロ適当に電動ドリル辺りで力任せに捻じり込んだって感じがしますが・・・笑

これがあるから、特に勝負のかかった世界の一つであるトライアル車レース業界(日本輸入代理店)では車両は昔からASSY輸入後に改めて全バラシ再組み立ての方式orパーツごとそれぞれバラで搬入状態の輸入後にショップで直組み立ての方式をとっているんでしょうね~

キーマウント

キーマウントのボルトって、盗難防止で外せないように工具が使えないようになってるのではないでしょうか。たぶんタイホンダのせいではありません。