スカイウェイブ650LX  RAMマウントであれこれしてみた

スカイウェイブ650LXに RAMマウントでいろいろとやってみた話。


スカイウェイブのハンドル周りはカバーで覆われている。
よって今までのようにナビやスマホのホルダーや追加メーターなどをハンドル周辺に固定する方法が無い。

仕方が無いので試行錯誤してみよう。


実際にしばらく乗り続けてみないと判断できないところがある。
いきなり切った貼ったを大きくやってしまうとリカバリーに大きな代償を支払うことになりかねない。
とりあえずはハンドルカバーに固定する方法でやってみる。

image001_2014101919575837f.jpg

RAMマウントベースを直接カバーにボルト止めすることにした。


image013_201410191957579d1.jpg

裏側に面積の広い金属ステーで挟み込むことによって強度が出る。
元に戻すにはカバーだけ交換すればOKなのでためらうことなく穴を空けることができる。

image008_20141019195858944.jpg

こんな感じでハンドル中央に2箇所のベースが固定できた。

image003_201410191958564a6.jpg

上部にナビを固定する。
RAMマウントの短いアームとユニバーサルクランプホルダの組み合わせ。
国内だとホルダだけで5000円弱もするがアメリカから直接買えば半額ほどで入手可能。


image005_20141019195859bd3.jpg

下側はポーチなどと併用してどっちが便利かしばらく実験。

クルマっぽくてますます便利なスカブです。

コメント

非公開コメント