CRF250L SPEEDTECH AIキャンセルキット 装着してみた。

CRF250LにAIキャンセルキットと取り付けたお話。


今更ですが、なんとなくAIキャンセルしてみました。


CRF250Lは、ソノレイドバルブを自動でONOFFしています。

これを無効にするには、1、経路を塞ぐ、2、バルブを閉じっぱなしにする、3、機構そのものを撤去する でしょう。

2や3は何かPMG-FIがエラーでも吐きそうなので、簡単に1でいきます。。

image013_20141117152241c47.jpg

そこでSPEEDTECHのAIキャンセルキットを購入しました。
それと適当に余っていた他車部品の耐熱ホースを使います。

取り付けは簡単。ホースぶった切ってメクラふたで塞ぐだけ。



image002_20141117152238ce4.jpg

エンジン側がアルミ製のフタで無駄にアルマイト加工してあります。
圧がかかると思うのでホースクランプで確実に固定します。

image004_20141117152239370.jpg

バルブ側が樹脂のフタです。
これには圧がかかりませんのでフタができていればOKでしょう。
とはいえ振動等で落ちないように固定します。



社外マフラーとAIキャンセルの組み合わせです。

一般的にはアフターファイヤーの抑制が主な効果ですが。。。
今までHOTLAP M3マフラーを取り付けていても、特にアフターファイヤーが出ている様子はありませんでした。

ノーマルの状態だと、高いギアにするとノッキングが早めに出ますがかなり粘るようになりました。

社外マフラー交換して燃調ノーマル状態で出るネガ要素がやや緩和された印象です。


簡単に元に戻せるのでオススメ。

コメント

非公開コメント