XT660R キャリアと箱 その1

XT660Rを買ったら、一緒に純正キャリアとGIVI E370ケースが一緒についてきた。


DSC03561.jpg

箱はブルー塗装で車体と同じ、容量もなかなかの大きさだし、
純正キャリアは剛性も十分でかなり気に入っているのだが・・。


実はあるお方からのご厚意で GIVI E52MAXIA が手に入ったのだ。
52Lもあるでかい箱は何でも入ってしまう便利なものだ。
以前、ZR-7にGIVI E50を取り付けていたので便利さは経験している。

F1000015.jpg

ありがたい話に飛びついたは良かったが・・・。
モノキーケースなので今のままでは取り付けができない。



基本的にモノキーは車種専用のステー、GIVIではフッティングと呼んでいる専用のアームというかキャリアが必要だ。
これにモノキー、モノラックどちらかのベースを取り付け、ケースを設置する。

images.jpg
XT660RもGIVIの専用フッティングは存在するのだが・・・。何故かモノラックベース専用です。
daytona_0575.jpg
GIVI XT660R専用フッティング SR353M


また専用キャリアを買わなければダメで、買ってもモノラック専用ベースつきなので、
それをさらにモノキーベースを買って交換しなければモノキーケースは取り付けできない。
モノロックのようにGIVI汎用モノキーベースというのは存在しない。

SR353Mは¥14000程度、さらにモノキーベースM5で¥5000ぐらい。
つまり正攻法でいくと、2万円払ってGIVIキャリア SR353M と モノキーベースM5 を追加購入し、
さらに既にある純正キャリアとE370は、まさにお払い箱となる。実に馬鹿馬鹿しいことだ。


当然のごとく加工でなんとかならんものかと試行錯誤してみた。

既に取り付けてある純正キャリアからGIVIモノロック汎用ベースを外し、以前ZR-7に取り付けていた モノロックベースMM があまっている。
これらを取り付けできないか実験してみた。
mm.jpg
モノロックベースMM
M2.jpg
モノキーベースM2



モノキーベースM2は中古で安く手に入る。
これがそのまま取り付けできれば、ネジ位置なども共通のモノキーベースM2も取り付けできるはずだ。
実際に純正キャリアに取り付けしてみたのだが、取り付けできなくは無いが固定がボルト2本のみになってしまう。
この2つのベースのボルトはM10サイズなのだが、汎用ベースのボルトはM8サイズと思われる。
固定ボルトも4本から2本、径も細くなってしまうので強度も下がるし危険だ。

DSC03572.jpg

取り付けできなくないが、止めておいたほうがよさそうだ。



5vk-w0736-10-00.jpg
ヨーロッパヤマハ純正キャリア                     汎用モノロックベース装着


XT660Rの純正キャリア、何故かネジ穴が4つ空いていた。まるでこの上に何かを取り付けろと言わんばかりだ。
何か純正オプションでもあるのかと、EUのヤマハのページなどを検索しまくったが目新しいものは見つからない。
この穴、画像のとおりGIVI汎用モノロックベースを取り付けると穴の位置と大きさがピッタリなのだ。
KAPPAの30Lらしきボックスが純正扱いでリストにあるので、これを取り付ける専用のキャリアという事なのだろうか。
ベースをはずした状態だと、なんとも間抜けなキャリアだ。


素直に2万はらってGIVI専用フッティングSR353MとM5ベースを買うなどといいう選択肢は私には無い。
さらに調べを進めなんとか対策を検討する。



                                  キャリアと箱 その2 →

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

>あーろんさん

情報ありがとうございます。
やはりGIVIからも互換モノキーベースが出ているんですね・・。
国内では正規品として販売は無いようです。
じつはもう・・・、続きをご覧ください。

こんにちは
わたしもGIVI E52を何台にも渡り使用していますが、
XTのヨーロッパ純正キャリアにE183はポン付けできましたよ!
はむおさんの写真のはスリットが横に3本入っていますが、私のは格子状になって
(カバーをしてスリットは無いように見えます) いるタイプなのでボルトは4本とも
問題なく取付できます。(前後の位置も変えれます)
ですのでオークションで古いタイプのE183?のベースだけを探すのも手かと^^
このタイプです↓
http://www.twistedthrottle.com/trade/productview/786/137/