CRF250L やっと外せたスイングアーム やっぱりグリスは無い(笑)

乗り出し前の自前整備でキチガイトルクのせいでどうしても外せなかったスイングアーム

ピボットシャフトのボルトがどうしても回らなくて、そこを除いてグリスアップを済ませて、そのまま初林道アタックしてしまった。

走ったら何かがなじんだのか、インパクトレンチでガンガンやって大型レンチでぐいぐいやってなんとか回りました。

image009_20130706154222.jpg

やっぱりグリスが無い

まったく期待を裏切らないタイホンダ製です。

( ´_ゝ`)(´<_`  ) 流石だよな。

image007_20130706154221.jpg

スイングアームのシャフトカラーを見ると、僅かにグリスがあるような無いような・・・。
わからないってことは無いに等しい。

画像右手前のカバー内側にグリスが付着しているので工場で組み立て時には一応塗っているようだ。
こんなにグリスをケチってどうすんだ?

この野郎とばかりにグリスを塗りまくって組み付け。

image005_20130706154220.jpg

CRF250Lはリア周りを分解するのは簡単なので定期的にバラしてグリスアップしたほうがいいな。
けっこう面白いかもしれん。

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

>トシさん
ちょっと遠いですが来ていただければいつでも。
ハイシート・・、短足の私にはきびしいですが前後の体重移動がしやすくて走りやすいらしいですね。

おぅ、やりましたね。
今度、オイラのもやってもらいたいな。最近、ハイシートが欲しいなぁと思うが自作するかな。