スーパーカブ110 復活の道

事故で潰されたスーパーカブ110を修理するお話です。

預けていたホンダドリーム店から引き取ってきました。

全損認定をうけてはいますが、物理的に修理不可能なほど破損しているわけではありません。
見積もりの修理費用が、車両の市場価値を上回ってしまう状態、いわゆる経済的全損というやつです。

バイク屋で見積もりさせると、当然ながら僅かな傷でも該当する箇所が全て部品交換です。
よって大したことが無くても高額な見積もりに成ってしまうことが多いですが・・。
実際のところどうなのかわかりません。

さっそく自宅で修理検分に入ります。

20130524072044.jpg

衝突直前のフルブレーキが間に合ったのか、タイヤのゴム面から接触して左になぎ倒されたため、転倒による破損はあれど自動車との直接的接触による破壊は軽微でした。

ざっと見て破損箇所は

ハンドルカバーカウル割れ
フロントカバー割れ
フロントフェンダー割れ
左右フロントフォーク変形
ホイール変形
フレームの一部変形

もう十分おなかいっぱいです(つд⊂)エーン
さらに外装の傷やマフラーの削れなど、細かいところも気になります。


image005_20130525182055.jpg
フロントフェンダーが見事に割れました。
先端に接触痕がはっきりと残っています。
これはもう交換しかありません。

image006_20130525182057.jpg
ハンドルが少し歪んだのかハンドル周辺のカウルのはめ合わせが上手く合いません。
しかしハンドルに接触痕が見つかりません。
カウルが歪んだのかハンドルまで歪んだのか判断できませんでした。


image003_20130523183717.jpg

フロントフォークが曲がってしまいました。
タイヤごと左に持っていかれたために綺麗に曲がったようです。

image002_20130523183715.jpg

幸いにもインナーチューブの根元から曲がっているだけで、アウターチューブやダンパーロッドは問題ないように見えます。

image001_20130525182053.jpg

ホイールもタイヤのゴムが接触したと思われる削れ跡があります。
一見損傷が無いようにみえますが、回してみると接触箇所を中心に変形が確認できます。
ホイールごと交換したいところです。



全損判定の決定的要素となったフレームの一部変形です。

フレーム本体に直接的な接触はありませんでしたが・・。
フロントタイヤと車が接触したと同時にハンドルが急激に押し切られたため、
ハンドルストッパーの接触面に変形が見られます。

image007_20130525182059.jpg
image004_20130523183718.jpg
このストッパーの変形によりハンドルの切れ角が変わってしまいました。

image002_20130529212324.jpg
ハンドルを右に切った場合の最大角度 正常

image001_20130529212323.jpg
ハンドルを左に切った場合の最大角度 不良
フロントキャリアがカウルに接触してしまいます。

非常に問題ではあるが、どうしようもないので諦めます。
スポット溶接かロウ付けして肉盛りするしかないような・・・。



とりあえずは明らかな不良部品のみ発注して順次交換してみます。
あとは組み付けながら様子見です。

車体の見た目からは軽傷だと考えていましたが、思ったよりダメージが重いようです。
フォークの変形が主な問題ですが、恐らくそれだけでは無いと思います。
ステムが無事だとありがたいんだけど・・。

とりあえず各部品をひとつづつ交換して検証していくしかありません。

なんとか走れるように修理したいなぁ。

コメント

非公開コメント

Re: 何かやばい感じそうですね・・・

>モンさん
見た目以上に逝ってるようです。
さらに色々とヤバい箇所が増えてきました。
まぁ、所詮は原付なんで遊びながら気長になおそうかなと。

何かやばい感じそうですね・・・

インナーチューブが曲がるとは相当な衝撃ですね!
最悪メインフレーム&ステップ等にも何処かに見えないくらいのヒビがあるかもですね・・
リアスプロケまでの動力伝達軸系のズレもあるかも
各主力パーツ裏側まで360°全てじっくり見るしかないですね