スーパーカブ110 フォークオイル交換 してみた。

スーパーカブ110 フォークオイル交換です。

既に3万8千キロを超えたカブ110ですが、事故後のフロントフォーク交換時にオイル交換、その後1年半経過。
そろそろかと思いまして交換しました。

image003_20130506122215.jpg

この状態にするにはフロントフェンダーを分解します。
ツメを折ってしまわないように気をつけましょう。

image005_20130506122216.jpg

フォークトップはキャップはネジではなくストッパリングによるはめ込み式です。
サービスマニュアルではキャップの取り外しに油圧プレスを使うよう記載がありますが、力を入れれば指で押し込んでもリングを外せます。
フォークを取り外さずにこの状態で押し込めば楽に作業ができます。

image001_20130506122219.jpg

古いオイルを抜きます。
しかも排出されるオイルはたったこれだけです。

image007_20130506122217.jpg

なんどかストロークさせながら逆さにしてなるべく抜きます。

image006_20130506122220.jpg

交換オイルはストックのヤマハ サスペンションオイルG-5です。
純正指定はホンダの10番ですが、まぁなんでもいいでしょう。

サービスマニュアル上の規定量はたったの70mlです。
少なすぎて正確に軽量できません。細かいことは気にせず目分量で適当に入れます。

image013_20140328233542d23.jpg

インナーチューブを数回ストロークさせると気泡が上がってくる。

面倒なのでエア抜きを適当に済ませて、フォークキャップをはめ込みます。
取り外しと同じようにステムに固定しながら押し込むと作業が楽です。


フェンダーとタイヤを元に戻して完成です。

交換後の試走では明らかに動きの違いを感じます。

10000km毎ぐらいで交換したほうが良いですね。

image025_201403282331246aa.jpg

コメント

非公開コメント