パンク対策と携帯工具

パンクしたことありますか?


私は何度かパンクを経験してます。

自宅ならタイヤ交換なりパンク修理なんて苦でもないのだけど、直せない状況でパンクするほど悲惨なものはありません。
それでもパンクするときはしますよね。不幸は突然やってくるもんです。

前回、ロードサービスの話をしました。
パンクごときで毎回ロードサービスをアテにしていたら大変です。

過去に富士の青木ヶ原樹海の入り口付近で、夜の8時にパンクしたことがあります。
本当にどうしようかと思った。

神も仏も信じない俺の運を上げるには、周到な準備しかない。
というわけでこんなものを手に入れてみた。




マルニ工業 パンクガード 500ml

チューブ内にゲル状の物質を充填させておき、パンクしてチューブに穴が開いたらゲル物質が溢れ出し穴が塞がる・・・らしい。
要するに スライム と同じだ。 アレよりモノが良いらしいという話だ。
ラフロからも同じ名前の商品が出ているが、マルニ工業が製造元か?

チューブタイヤだと3mmぐらいの穴をふさぐのが限界らしい。
それ以上の穴はもうパッチ貼るかチューブ交換になる。
そうなった場合、充填剤が穴から漏れてきてパッチが貼れなくなるという話を聞いたことがある。

実際に体験したこともないので想像にすぎないのだけど、おそらく液状の充填剤はそうなるんだろうと想像できる。
ホルツのタイヤウェルドとか、昔使ったことあるけど水っぽかった気がする。
スリーボンドのタイヤパンドーも同じかな?
本当はウルトラシールなる充填剤が評判が良くて欲しかったのだけど、安かったのでこっちを買ってしまったのだ。

買ってからやや後悔したのだが、容量が500mlもあることです。
自動車ならタイヤ1本でパンクガード1本500ml全部入れてしまうのだけど、バイクだと半分もあれば十分。
同時に両輪パンクすることはまず無いだろうから、余計な重りを背負ってることになる。



やはりゲル状の物質のほうが固まりそうなイメージがある。
特にヘビーチューブはゴム質的にこの手のゲル状充填剤の効果は非常に高いはず。
チューブも持参するので、最悪はパッチが貼れなくなるかもなんて心配は無用だ。

実際のところはパンクしてみないとわからない。
パンクに備え装備を調えたので、パンクはしたくないけど実際に役に立って充実感を得たいという矛盾した気持ちがあるのも事実。
いっそのこと、いちどテストでパンクさせてみるようかな・・。
そうすれば、具体的な効果が判断できるし、性能によっては工具や荷物を減らすこともできる。
いちどやってみるか・・・な。


mono35563893-110428-02.jpg70248.jpg

チューブレスタイヤなら車用のパンク修理キットとタイヤパンドーなどの充填パンク修理剤でも持ってればほとんどの場合直せます。
チューブレスタイヤのバイクに乗っている方は、車載工具に追加して持っていると、無事生還できる確立が飛躍的に上がります。


チューブタイヤのバイクに乗ってるライダーは、パンクしたらチューブ外してパンク修理か、このパンクガードやスライムみたいなゲル状の充填パンク修理剤を携帯すると良いでしょう。


できればどうなってもいいように必要なものはなるべく携行したい。
とはいえ、リアホール外してタイヤのビードを落とし、チューブにパッチ貼って再度取り付けポンプでエアを入れるという作業を行うには、結構な道具を常備していないとダメなわけで・・。

DSC03592.jpg
携帯工具一式
コンビレンチやスパナ 8mm、10mm、12mm、17mm、22mm、24mm
9.5ラチェット、エクステンション、ソケットビット10mm、12mm、14mm
ヘキサゴンレンチセット、タイヤレバー、プラスマイナスドライバ、エアゲージ
ラジオペンチ、ロッキングプライヤー、22mm&24mmメガネレンチ
針金、予備プラグ、タイラップ束、パンク修理キット(パッチ、加硫ラバーセメント、ヤスリ)


修理道具の用意さえあれば、別にパンクそのものは怖くも何ともないんですよ。
修理すれば良いのだから、ただ手を動かすだけ。むしろ作業を楽しむつもりでやればよいだけ。
でも荷物が重いんだよね。
箱が大きくなったのでまぁいいかな。


XT660Rを購入したら俺のバイクは3台全部チューブタイヤになってしまったので大変です。

DSC03593.jpg



予備チューブ前後と工具一式に携帯用フットポンプに色々と揃えると、結構な荷物になりとてもシート下に入る容量ではない。
予備チューブを携帯するのも面倒だが、ツーリング先でパンクして入った店でチューブのサイズが無いなんて話は良くあることです。

XT660Rのタイヤサイズはフロント90/90-21 リア130/80-17だ。 在庫が無いと言われたらそれまで。
チューブまで前後分だとまたスペース食うんだよな。

通勤セローのGIVI箱はE30TNなのだが、これら工具一式を入れると半分以上が占有される。
箱は大きいに越したことは無いね。

備えはやるだけやっておこうとは思うけど、運が悪かったらそれまでってことで。
このパンクガードを荷物に仕込んでおけば、きっと大丈夫・・・・?

コメント

非公開コメント

よく知りませんがこの種のパンク防止剤はあらかじめタイヤに注入しておくべきものなのでは・・・
工具の携帯は大変ですね