2012 北海道ツーリング 6日目

北海道ツーリング 6日目

目次
------------------------------------------
1日目 自宅 ~ 仙台港フェリーターミナル
2日目 苫小牧西フェリーターミナル ~ 士幌高原ヌプカの里キャンプ場
3日目 士幌高原ヌプカの里キャンプ場 ~ 達古武オートキャンプ場 
4日目 達古武オートキャンプ場 ~ コムケ国際キャンプ場
5日目 コムケ国際キャンプ場 ~ 鏡沼海浜公園キャンプ場
6日目 鏡沼海浜公園キャンプ場 ~ 富良野 とほ宿 ノルテポトシ
7日目
8日目
9日目
-------------------------------------------


起床7時。天気は晴れ。

ここ数日は起床4時、出発5時という毎日でやや体力が落ちていたのですよ。
たまにはゆっくりも良いでしょう。
どうせまた雨が降るに決まってます。

昨日のカブ50のオネーチャンに朝食までご馳走になり、すっかり出発が遅くなりました。



旅も今日が折り返しです。
転進して道央を通りながら南下していきます。

名寄国道を天塩川沿いに走ります。

今日も食道楽です。


IMAG0533.jpg

道の駅 音威子府にて十割蕎麦の大ざるです。
蕎麦好きの私としては大変満足な出来です。
蕎麦湯までがっつりいただきました。

そのまま美深町へ向かいます。




腹も満たされたところで、今回ツーリングのビッグイベント。
北海道の広大なダートに突撃します。


目指すは 函岳 標高1129mです。
到着まで27kmのダートを走破しなければたどり着く事は出来ません。


IMAG0530.jpg

道道680の終端からダートが始まります。
まずはここから加須美峠まで17kmです。

IMAG0532.jpg

一見フラットなダートに見えますが、深い砂利があり重量級バイクでは足を取られます。
パニアに荷物満載ではかなり怖いです。
もう引き返すこともできずビビりながら17kmを走りました。

さらに熊に注意などという看板が何箇所もあります。
そんな事言われてもどうしようもありません。
さらにここから10kmです。
もう後には引けません。がんばります。


DSC04553.jpg

アップダウンもありつつ所々に深砂利トラップありのコースです。
すれ違うバイクはみんな軽快な250ccオフローダーです。
荷物満載のビッグオフなんて自分以外誰も居ません。
セローで来てたら最高に楽しいルートだったでしょう。


DSC04543.jpg

ついた・・、ついたぞー!
やっとたどり着きました。
函岳の頂上です。


DSC04545.jpg

駐車場から歩いて雨量レーダーの建物に向かいます。

DSC04548.jpg
DSC04550.jpg

これが函岳の景色です。
大雪山や利尻島がみえます。
天気次第でかなり遠くまで見通せます。

なんだか雲がかかってきました。
また雨が降りそうな気がします。



帰りもまた27kmのダートを通らねばなりません。
ちょっと後悔したのは言うまでもない。


54kmも延々とダートを走り続けたわけだが、とにかく車体が凄く汚れました。
しかもフロントフォークからオイルが漏れ始めました。

おおぅ、試される大地。(゚Д゚;)

試されすぎだろ・・。

仕方がありません、このままお漏らししながら走るしかないのです。



さらに南下を続け、士別へ入ります。

DSC04571.jpg

ここは、羊と雲の丘。
羊の牧場なのですよ。

ひつじさんとモフモフしつつラム肉を喰らうという計画です。

DSC04555.jpg

サフォーク種という羊らしいです。
柵の中へ自由に入ってよいらしいので遠慮なく入ります。

DSC04566.jpg
DSC04557.jpg

なんかよこせよ?って言われました。
牧場内は羊の糞で一杯です。
彼らは懸命に草を食べます。
羊の毛はフカフカでした。

IMAG0534.jpg

ひつじさんと戯れたあとはラム肉です。
おまえらスマンのう・・。

スペアリブ美味かった。後悔はしていない。うん。




雲行きがかなり怪しくなってきた。
改めて天気予報を調べると、なんとこれから明日にかけて大雨とのこと。
しかも道央に大雨警報が出ている。

なんかもう完全に雨男状態です。
またテントも荷物もぐちゃぐちゃになるのは勘弁してほしい。

ダメ元でいくつかのとほ宿に電話するもどこも満室。
もう諦めてキャンプ場を探していたところ、最後に電話を掛けたとほ宿が空いているとの事。

何故か今日は誰も客が居ないので、食事の用意は出来ないが素泊まりで良いなら安くなるという話だった。
これは渡りに舟とばかりに美瑛方面へ向かいます。


DSC04574.jpg

すっかり日が落ちて暗くなりましたが、住所で検索するも宿が発見できません。
宿のHPにあった手書きの地図を頼りに探すと、宿の前までまたガレたダートを走らねばなりませんでした。
もうダートはお腹一杯なんで勘弁。



DSC04577.jpg
DSC04582.jpg

とほ宿 ノルテポトシ
http://www.kamifurano.jp/cgi-bin/db/database.cgi?cmd=dp&num=17&dp=stay.html

ポトシって名前からしてアンデスのポトシ銀山を思い出しました。
この宿のご主人が、この名前のアンデス民族音楽グループを日本へプロモートしているらしいです。




china-fack.jpg


このとほ宿で久しぶりにTVをみたら、組織的な支那畜テロリストが尖閣諸島に領海侵犯し上陸、不法入国したニュースで話題騒然となっていました。
明確な領海侵犯かつ不法入国なので国際法に従い自衛権を行使し、速やかに砲撃、撃沈すべきでした。
テロリストを生かして捕らえると始末が面倒なのです。
あくまで船ごと撃沈し、そのままサメの餌になって貰えば行方不明で遺憾の意で済んだのです。

よく根室のカニ漁船が露助に銃撃を受けたり拿捕されたりするでしょう。
日本人としては受け入れられませんが、対応としては国際常識です。
日本の対応は、特に不逞鮮人と支那蓄に対しては何故か弱腰であり国際慣例として異常です。



素泊まりだったので、食事はコンビニ弁当ですませてしまいました。
もうシャワー浴びて早々に就寝。



6map.jpg

6日目 走行距離285km 天塩 鏡沼海浜公園キャンプ場 ~ 函岳 ~ 羊と雲の丘 ~ 富良野 とほ宿 ノルテポトシ

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

> はむおさん
> >日本の対応は、特に不逞鮮人と支那蓄に対しては何故か弱腰であり国際慣例として異常です。
>  
> ネットで見たのですが、
> 「韓国旅行を控える、韓国製の電化製品を買わない、キ ムチを食べない、韓流ドラマを
> 見ない、K‐POPを聴かないなど、「日本人が自らできることをやろ う」」 それくらい政府に
> は行って欲しいですね!!

個人的には全て避けてます。
下朝鮮に入国なんて絶対にありえないですし、家電も日本製か台湾製を買います。
半島人は食糞の習慣があるらしくキムチに留まらず人糞酒トンスルなるものすら飲むという奇怪な民族です。
キムチに人糞が含まれている事は、アメリカ食品医薬品局(FDA)のお墨付きですし、絶対に食べられないですね。
チョン流ドラマや音楽なども全く興味がないです。
とにかく半島に関わると利敵行為になりますので日本人として極力避けなければなりません。

はむおさん
>日本の対応は、特に不逞鮮人と支那蓄に対しては何故か弱腰であり国際慣例として異常です。
 
ネットで見たのですが、
「韓国旅行を控える、韓国製の電化製品を買わない、キ ムチを食べない、韓流ドラマを
見ない、K‐POPを聴かないなど、「日本人が自らできることをやろ う」」 それくらい政府に
は行って欲しいですね!!

Re: タイトルなし

>koujiさん
じつは既にT63を前後装備しています。
タイヤも重要ですが、車重が重いと辛いですね。
荷物を全部下ろせばそこそこ走れそうな気がします。
デザートレプリカだけあって砂利ではグリップが抜群なのですが、ロードノイズの大きさが気になりまして・・。
だいぶ消耗しましたので、次回はシラックに戻してしまいそうな気がしてます。

今度北海道に、行くときは、ぜひ、林道を、楽しめるようになってほしいです。おすすめなのが、ミシュランのT63、自分も、XT乗っており、最高な、マッチングです。最後に、パンク修理セットは、心需品です。

Re: タイトルなし

>kuroさん
こんばんは、いらっしゃいませ。
天気予報で晴れで所により雨だったり、当てにならないものですね。
上富良野にお住まいなんですか。
富良野もゆっくり回れませんでしたので残念です。

こんにちは。
またまたおじゃま、失礼します。

雨天続きで大変でしたね。
悪天候のツーリングほどキツいものもないかも?
道東、オホーツク方面は私も悪天候の思い出が多いです。

すごい近所までいらしていたのですね!
当方、上富良野でした^^
続編、楽しみにしています。

Re: タイトルなし

>だぁーさん
旅の出会いは一期一会ですね。
またいつか何処かでって事でお互い名前も素性も知りませんし。
やぱり野郎ばかりのバイク旅のなかで女の子がいると楽しいもんですw

はむおさん
7時まで寝坊してしまったのはよっぽど、前夜のステキ宴が楽しくてついつい夜ふかし
してしまわれたんですね^^ええぇ~朝食までご馳走になったなんて羨ましすぎますね!
次のキャンプ場でそのおネェさんと再会出来るといいです(笑)