XT660R BULLSTER ロングスクリーン

納車後の悪天候に続き梅雨入りで全く走ってませんが盆栽は続いてます。

XT660R BULLSTER ロングスクリーンを購入しました。

DSC03526.jpg

カラーはブルーのスクリーン。
なんとなく透明感が美しい (;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

胸にあたる風圧がほぼなくなるので高速走行が楽になるでしょう。
ノーマルだと100kmで風の抵抗をかなり感じていたのですよ。

ナビやETCなどハンドル周りの電装品に雨風がかからないので少しの雨程度は問題なくなる。



どうもナビの電源が瞬断するようになってしまった。
USBコネクタがゆるく、振動で少しづつ抜けてくるのか接触不良になるようだ。

走行中に軽く触れば復活するのだが、ナビにシャットダウンするか質問されてしまう。
危険防止と汎用性向上のためにシガソケをさらに追加してみた。

DSC03528.jpg


今まではニューイングのシガソケ&USBでそれぞれ1口だったが、さらに汎用シガソケ2口追加した。
ETC、ナビの2つを追加シガソケで接続し、ハンドルのUSB&シガソケは予備電源にすることにした。

garmin nuvi1360の電源は純正のシガソケアダプターで接続する。
USBでも給電自体は問題ないのだが、ニューイングのシガソケ内蔵のDCDCコンバータはどうも質が良くない。
12Vシガソケ3口に、USB変換を個別に取り付けたほうが汎用性も高い。
常時ナビとETCで2口は埋まるが、さらに携帯充電などに余裕を持って対応できる。

ETCの設置に便利なカウル裏のポケットが狭くなったので、ETCにダイソーで買ってきたスポンジテープを巻き振動軽減とスクリーンへの傷防止とした。

DSC03531.jpg

ちょっとメーター周りがごちゃごちゃしているが、まぁいいだろう。
私は光るギミックとか、いかにもメカニカルちっくな物が好きだ。
無意味に光るメーターとかたまらんw

バーパッドは邪魔になってきたので外した。
メーターは見えないが雨天時などにスクリーン奥側へ移動させるとほぼ水もかからない。

フロントのブレーキホースが邪魔だ。
走行中にフォークの伸縮と連動して動くのだが、おかげでナビホルダーに干渉する。
こればかりは仕方が無いかな。

XT660R-5VKW07101000.jpg
ヨーロッパヤマハ純正オプション ウインド・ディフレクター ブルー・ロング 5VK-W0710-10-01 ¥14,490



ヤマハの純正スクリーンだとかなりの面積なので、このあたりがカバーできるのだが・・。
かっこ悪いのでこっちでよかったと思う。



ZR-7に比べてバッテリ容量がやや少ない9B-4だが、発電能力は似たようなものだ。
サービスマニュアルによると 14.0 V/20.8 A at 5,000 r/min とある。
タコが無いので高速巡航時の常用回転数がよくわからんのだが、たぶんなんとかなるだろう。

グリップヒーターやKLAN電熱ジャケットはもはや必需品となっているので今更取り付けないなんて考えられない。
LED化やHID装着で節電しバッテリの負担を減らす予定。


DSC03537.jpg


熔けたポジションランプはブルーのLEDに交換。テールランプもLEDに交換した。
ウインカーがポジションランプ兼用だったらなぁ・・さらに10Wは稼げたのだが。

次はHID化だな。

はやく遠くへいきたい・・・。

コメント

非公開コメント