Interphone F5 予想通りの展開が・・。

正規代理店が並行輸入業者を叩きにかかったようです。
予想通りの展開です。

正規代理店としては当然の行動でしょう。
シェアを喰われているだけでなく、不当な要求まで受けているわけですから。
しかし購買客に対して何の制限も掛けられないし、実際に有効な手を打つことは出来ないでしょうね。


あわよくばと期待していた件も無い事がハッキリしました。
それについては特に気にしません。
スマホでFM聞けるし、英語で十分聞き取れるし。別に機能的に何も不満はない。

逆の視点で見れば、国内正規品のアドバンテージはそれしかないわけです。
だから後から2年保証という条件を追加したのだと思います。

実勢価格として半額近い差です。
正規代理店として国内正規品の優位性を保てるのか、個人的には疑問を感じます。


本質的にはメーカーとしては世界中に出荷したい。
販売店舗としては客が何処の国の住人だって買ってくれるならありがたい。
実際のところ、個人客としては安ければ何処からだって買いたい。

中間搾取的な存在である正規代理店にとっては、これらは本質的に都合の悪いものではないのでしょうか。

この手の商品は、この手の機器の扱いに慣れているユーザーが購買層だと思います。
昨今では流通も発達して、個人で海外から簡単に入手できるのが現状です。

旧態依然とした国ごとの正規代理店云々といった商圏ナワバリ意識を継続的に維持していくのは市場情勢的に難しいのではないかと感じます。


商品価格が比較的高額で、購買客層が商品知識に乏しく、アフターフォローに価値があるような商品でないと、代理店業って儲からないんじゃないかな?と思うわけです。

まぁ、余計なお世話だよね。。



何か勘違いされても困るので断っておくが、私個人は業者でもないし何らかの関係者でもないし、何かの商売人でもない。
ただのユーザーのごく個人的な独り言である事を付け加えておく。

コメント

非公開コメント