Interphone F5 操作方法がわかってきたぞ。

使うたびに色々と気になる点が出てくる。
主立ったところは前回の記事に書いた。

今のところの主な問題として、ボイスダイヤルの作動、音量がやや小さい、オートボリュームが作動する、セットアップメニューの操作が不明という件があった。


その後、やっと弄っているうちにセットアップメニューの選択操作ができるようになった。

結論から言うと、 決定時にはセンターボタンをやや長押し であったのだ。


これにより、Voice answer OFF および Automatic Volume Control OFF とすることに成功。

その結果、常時勝手に音量が下がる現象を無効とすることができた。
全体的にいままでより一段階ボリュームが上がったような感覚だ。(本来の音量に戻っただけだが)

電話がかかってきた時に10コールぐらいすると、自分の声もしくは走行中の風切り音や外部からの音にマイクが反応して、ボタンを押さずとも勝手に電話を受けてしまう現象を無効にすることができた。

これを読んだ仲間の方々は是非やってみてほしい。
とくにAutomatic Volume Controlは是非OFFにすべきと推奨する。



さらにRDSとか日本では関係ない機能をOFFにしてみた。

Wikipediaより引用。
Radio Data System(RDS)とは、FMラジオにおいて選局中の放送局やその放送局で再生中の曲名をラジオに表示させるサービスである。 現在ヨーロッパ、ラテンアメリカ、北アメリカで実施中である。 日本では実施されていないが、iPod用のリモコンであるApple Radio RemoteやFMチューナー内蔵のiPod nano(第5世代以降)に搭載されている。



バッテリーが足りないのか、丸一日は持たないのが(´・ω・`)ショボーン。
朝9時からずーっと会話しっぱなし、つなげっぱなしで夜の6時ぐらいにはBattry Lowの音声。そこから単独でAudioを聞いていたら7時にはBattry Very Low Please chargeと音声。
あともう少し持ってくれたらと思う。

コメント

非公開コメント

日本語マニュアル見てみたい気もするが。。。製品として別物ですね。
今ので慣れたときに日本語化すると却って混乱するかもしれませんね

Re: タイトルなし

それで電池が多少でも持てば良いんですけどね。
ボタン長押しとか説明書に書いてないのは困ります。
日本語以外には書いてあるのかも知れませんけど。
そういえば、国内正規版の日本語説明書は、海外版の日本語説明書と違うようです。
もうFMも日本語化もどうでもよくなってきました。

なるほど、長押しなわけですか。。。
これでいらん機能切れば少しは電池持つかも。。。