ベアリングシールドライバーを買ってみた。

ベアリングレースシールドライバーを買ってみた。


IMAG0282.jpg

ストレートのベアリングレースシールドライバー
ベアリングの打ち込みに使う、いわゆる特殊工具です。

ベアリングの圧入れの為だけのSSTで、それ以外には全く使いません。
とはいえ、こいつは結構良い仕事します。

小排気量のフロントホイールなどによく使われている6200番台ボールベアリングぐらいなら、小径なので打ち込みにはソケットで代用できます。

しかし6303ぐらいのサイズから直径5cm近くなってくるので、代用できるサイズのソケットは通常整備では使いませんし持ってません。
持っていたとしても、物理的サイズが大きなベアリングだと圧入にもある程度大きな力が必要であり、ソケット代用でハンマー打ち込みではアウターレースに均等な圧力をかけられなくなります。

ソケット代用でガンガンとハンマーで叩くと、当然のごとくソケットのメッキがやられます。
ホムセンで買った安物なら別に良いのだけど、KTCのセットがダメになってしまいそうでそろそろ止めとこうかなと。

このまえXR250に6303のベアリング打ち込みして、改めて専用工具の必要性を実感したものです。
こういうときに油圧プレスとか欲しいなぁと思う。


IMAG0283.jpg



本当はもっと細かいサイズにも全て対応しているセットが欲しかったのだけど、お値段もびっくりで・・。
ホンダ純正特殊工具として指定されている、興和精機のベアリングドライバーセットだと2万円ほど。
ベアリングプーラーに1万円使ったけど、シールドライバに2万はちょっと考えてしまう。
ちなみに、買ったこのシールドライバは¥3000ほど。

バイク整備で実際にこの特殊工具が必要だと思う径は42,47,52あたりなので、このサイズだけでも対応できれば十分なのだ。

さっそく使ってみたいところなのだけど、今は交換時期な車両も部品も無い。
なんかないかな~?

というわけで、ミヤちゃん。リトライさせてくださいな。

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

使用頻度を考えると、高級な専用工具は悩みます。
そのページ、XT660のエンジンガードを探していた時期にみつけてました。
トノサマバッタみたいなカウル一式とか、他ではない品で気になってるんですけどね。

ベアリングとか重要な箇所なんで専用の工具そろうなら欲しいですね。
ただし値段と相談だ。2万とかないわーw
オレの場合は場所もないしね。。。いらんパーツ早く処分しないと。

話変わりますがはむさんにぴったりのサイト
http://www.off-the-road.de/en/home/?lang=1
xt660のパーツばっかりです。他のバイク探してるのにこうも引っかかるとこの車種もメジャーなんだなーと思ってしまいますね。