2017-05

スーパーカブ110 4万キロ整備 リア周り

前回に続いてリア回りに手をつけてみる。

image007_2015051618115884d.jpg

前回2万キロでチェーン、スプロケ前後を変えた。
前回もスプロケはぜんぜん減っているように見えないので今回はそのまま。

image005_20150516181157b7b.jpg

チェーンはもう見た目がまずい。
気分が乗ったときにルブを吹く程度でそのままのりっぱなしの毎日。
しかしながら強化チェーンゆえにあんまり伸びはなかった。

image003_20150516181155f6d.jpg

ちょうど純正IRC NR6リアタイヤもスリップサインが出ていた。
たぶん走行7000kmぐらいでこんな感じ。

image002_20150516181154213.jpg

新車からまったく交換していないハブダンパー。
距離のわりにあまり削れていないように見えるがゴムゆえにもう限界だろうとおもう。
いい加減に交換してみる。

image048.jpg

タイヤ交換はやわらかいので本当に楽である。

image046_20150516181342347.jpg

あたらしいタイヤはダンロップのD107 純正IRCより僅かに安くロゴはかっこいいと思う。

image039_20150516194328902.jpg

ついでにスイングアームも分解してみる。
ピボットシャフトはカラカラで錆びていたので耐水ペーパーを当てて対応。
普段触らないところを掃除してみよう。

image040_20150516193519c38.jpg

コッテリ油をぬぐったら地肌が。。
チェーンスライダーって白かったんだな、初めて知ったw

image037.jpg

スイングアームピボットはベアリングじゃなくてブッシュ。
当然ながらグリスなんて微塵も残っていない。

image042.jpg

フレーム側のピボットシャフトホール。
もうカラカラに乾いている。
しっかりとグリスアップしておく。

image030_201505161833263db.jpg

スプロケカバーは完全に塗装が剥離している。
日照による劣化というよりは高圧洗浄器による水流ではがれていった結果。

 カバーCOMP.,L.リヤー 11360-KWV-000 1300円

image034_20150516181548ed3.jpg

EK 420SR を選択。
ノンシールチェーンの安物で十分であることは間違いない。

image033_20150516181547437.jpg

純正は98Lだが何故か100Lのほうが安い。
カッターで2コマ切って使う。

image032_20150516194326b2f.jpg

輝きを放つ足回り(笑)
どうせ翌日の通勤で泥だらけになる。

image026_2015051618154505b.jpg

クラッチも調整。
カブ110のクラッチ調整方法

マイナスで中心のアジャスターを固定。
14のレンチでロックナットを緩める。
ナットを緩めたままアジャスターを時計回りに1回転する。
今度はアジャスターを逆時計回りに抵抗を感じるまでゆっくり回す。
抵抗を感じた位置から8分の1回転時計回りに回す。
アジャスターが動かないようにマイナスで固定しながらロックナットを締める。確か締めトルクは14Nm。

image027_201505161935207a8.jpg

スパークプラグのギャップは8mm-9mmが範囲。
8.5mmというところだった。
確か前回交換は3.5万キロぐらいだったと思う。
1万キロ交換で十分ではないか。

image028_20150516194948ddb.jpg

これでまた暫くいけるだろう。

駆動系を定期メンテした後のあの妙な開放感というか、異常な滑らかさはたまらん。

頑張れカブ いつか壊れるその日まで。

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

スーパーカブ110 4万キロ整備 足回りフロント編

すでに4万数千キロを走ったJA07。

image022_2015051617434522b.jpg

前回2万キロにておこなっった足回り整備を行った。

image018_20150516174344a19.jpg

新車からまったく交換していないフロントブレキシューを交換してみる。
アジャスターも絞りまくってそろそろ限界が見えていたわけだが・・。


image016_20150516174343d1c.jpg

外してみたら何だかよろしくないものが見えてきた。

image013_20150516174529e82.jpg

おお?またメーターギアーが割れている。
以前3万キロぐらいで交換したんだけどなぁ。。

image014_2015051617453081d.jpg

備え有れば憂い無しとばかりにストックしていた。
44806-KFM-901 ギヤー,スピードメーター(19T)

交換するブレーキシューはキタコのSH-92 評判は知らない。


image008_20150516174527053.jpg

清掃してグリスアップして組み付け。
ブレーキワイヤーのアジャスター位置が戻っていいかんじ。

ギュっと効く感じ大変よろしい。
次はリアだなぁ。

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

スーパーカブ110 ハンドルロアーカウル交換

スーパーカブ110 ハンドルのロアーカウル交換作業です。

事故後のハンドル変形により外装のハンドルカウルに変形が出ていましたがそのまま放置していました。
走行に支障はないものの、外装部品がなくならないうちに・・とそろそろ交換しておきます。


過去の事故の未修理箇所。
ハンドル、フォーク、ステムなど、フロント周辺は殆ど交換修理済みです。

image013_201503161508351f8.jpg

2mmほどカウルに隙間が出来てます。
走行には何の支障もありませんが、エンジン振動でビビリ音が出ていました。
樹脂の変形は修正できませんのでカバーを交換します。

image024_20150316150838153.jpg

ロアーカウルを取り外すにはハンドル一式を全て分解する必要があります。
はっきりいってメンドクサイ。

image007_2015031615083638e.jpg

ステムとハンドルを閉めているボルト 59Nmの大きなトルクがかかってます。
間違っても正面のボルトを回さずに背面のナットを回しましょう。

image008_20150316152159b21.jpg

スロットルワイヤーとレバーごと分解しないとカウルが取り外せない構造です。
こう面倒だとバーハンドル化したくなるなぁ・・。

image001_20150316150841e98.jpg

やっと外せたところで新しい部品。
53206-KWV-000ZE カバー,ハンド*YR211R* ¥8,100
外装部品は高いね。

image002_20150316151856a9e.jpg

古いほうのカウルの破損箇所。
衝突の衝撃でハンドルが変形したために、ビス止め箇所が割れてます。

image018_20150316151857e22.jpg

全て組みなおした結果、まだわずかに隙間が・・。
トップカバー側も少し曲がっていたようです。
これだけのためにまた8000円かけて直す気にはなれないな。

image020_20150316151854641.jpg

ウインカーを止めるタッピングビスがいつの間にかどこかに逝ってしまった。
93901-34280 スクリユー,タツピング 4X1 ¥27

image019_2015031615185846f.jpg

春らしくショートカウルに着せ替えて完了。

スーパーカブ110 パンクしてた。

またスーパーカブ110がパンクしました。


ある休日の午後、オイル交換でもしようと動かしたら後輪がパンクしていることに気がついた。

またか・・・。もう何度目だろうか。

毎日何十キロも走っていれば、年に数回のパンクは必須とあきらめています。


初詣のおみくじは大吉だったのにツイてないような。。。

平日の通勤時ではなく休日の昼間に気がついたところがラッキーなのだと考えることにしましょう。

image007_20150111182809444.jpg

なにやらクギのようなものがブッスリささってます。

これじゃパンクも当然でしょう。

image005_2015011118394865b.jpg


寒い日の修理は堪えるねぇ・・。

チューブがもったいないのでパッチ貼ってふさぎます。

image004_201501111828067b0.jpg

もうすぐ4万キロですが、ハブダンパーはあまり削れていません。

2万キロで交換したスプロケもまだまだ行けるかな。


image002_2015011118280517a.jpg

こんなのが深く刺さってました。

エア3.0kpa入れて様子見。

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

スーパーカブ110 フォークオイル交換 してみた。

スーパーカブ110 フォークオイル交換です。

既に3万8千キロを超えたカブ110ですが、事故後のフロントフォーク交換時にオイル交換、その後1年半経過。
そろそろかと思いまして交換しました。

image003_20130506122215.jpg

この状態にするにはフロントフェンダーを分解します。
ツメを折ってしまわないように気をつけましょう。

image005_20130506122216.jpg

フォークトップはキャップはネジではなくストッパリングによるはめ込み式です。
サービスマニュアルではキャップの取り外しに油圧プレスを使うよう記載がありますが、力を入れれば指で押し込んでもリングを外せます。
フォークを取り外さずにこの状態で押し込めば楽に作業ができます。

image001_20130506122219.jpg

古いオイルを抜きます。
しかも排出されるオイルはたったこれだけです。

image007_20130506122217.jpg

なんどかストロークさせながら逆さにしてなるべく抜きます。

image006_20130506122220.jpg

交換オイルはストックのヤマハ サスペンションオイルG-5です。
純正指定はホンダの10番ですが、まぁなんでもいいでしょう。

サービスマニュアル上の規定量はたったの70mlです。
少なすぎて正確に軽量できません。細かいことは気にせず目分量で適当に入れます。

image013_20140328233542d23.jpg

インナーチューブを数回ストロークさせると気泡が上がってくる。

面倒なのでエア抜きを適当に済ませて、フォークキャップをはめ込みます。
取り外しと同じようにステムに固定しながら押し込むと作業が楽です。


フェンダーとタイヤを元に戻して完成です。

交換後の試走では明らかに動きの違いを感じます。

10000km毎ぐらいで交換したほうが良いですね。

image025_201403282331246aa.jpg

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

スーパーカブ110 事故後その4 最終回

とうとう事故ネタの最終回。


思い起こせば1年半ほど前のある日、突然の出会いがあった。

信号無視の車が私のカブに突撃してきたのだ。

私は激しく撥ね飛ばされ満身創痍であった。

幸いにも偶然すぐそばにパトカーが居たために好都合だった。

私は救急搬送されつつ、既に脳内で皮算用を始めていた。

直後の現場検証と、加害者の身元や職業、賠償能力などを確認しつつ、冷静に条件を把握した。

あまりの好条件に、ついその場で犯人にお礼を述べそうになるも、何とか思いとどまったのであった。


それから雨の日も風の日も、長い長い治療の日々は流れ、一年と数ヶ月後。

私の手元に不幸の手紙が届いた。

hihi6.jpg

専門医により、長期にわたる診察と治療、MRI画像等による厳正な診断の結果が出た。

どうやら私は後遺障害認定されてしまったらしい。

その後すぐに、おかわり2杯目が盛られることとなる。






そして加害者側とこちらの弁護士によるオハナシアイが続く。。。

3杯目おかわりは茶碗ではなくドンブリのようだ。



さらに待たされること数ヶ月後のある日、電話が鳴った。

示談対応一切を依頼した弁護士センセイからである。

最終的に◯◯◯万円を認めさせて示談できるとの報告だ。
3杯目は特盛りだった。

要するに、もうこれで勘弁してやってくれという話だ。



加害者は信号無視で重過失扱い、当然私は過失割合ゼロ、治療期間も長期で後遺障害認定と、条件がそろっていた。

提示された金額は、私自身が見積もっていた理論値とほぼ同じの満額回答だった。

これ以上は裁判やっても出ないと言う。

まぁ仕方が無いからこれで勘弁してやった訳だ。



すべて想定内の展開だった。

損害と引き換えに最大限を得た形になったわけだ。

結局、事故発生から示談終了して賠償金を受け取るまでに1年7ヶ月もかかった。

というわけで、事故に関しての全ての話が終了となったのであった。





この事件で得た教訓は、

「 やらなきゃやられる 」 

ということであった。

被害者から積極的に動かなければ何も得られない理不尽な世界。

知識と行動力で全ては変わる。

敵を知り、己を知れば・・ということだ。

またひとつ世の中の仕組みってヤツを勉強させてもらいました。





十分な賠償能力のある犯人って素晴らしいヤツだな。

結局、検察に送致されて色々あったみたいだけど。

そういえば何時だったか、検事から犯人の処遇について意見を求められたっけなぁ。。。

どうしたっけ? まぁどうでもいいや。



スーパーカブ110 カブ110終了のお知らせ
スーパーカブ110 事故その後1
スーパーカブ110 事故後その2
スーパーカブ110 事故後その3

スーパーカブ110 ハンドルストッパー修理とステップ交換

カブ110の修理。

ハンドルストッパー変形の修理作業です。

以前の事故の衝撃でハンドルストッパーが変形しました。

ハンドルの切れ角が増えてしまっていますが、あまり支障が無いので今まで放置しています。
フロント周りはステムやフォークなど殆ど交換済みです。


そろそろ直そうと作業を始めました。


現状はこんな感じで・・。

image003_201312071927472ac.jpg

ストッパーの左側が変形しています。
こいつをどうにかして元の形にすれば良いわけです。


image001_2013120719274901d.jpg

Permatexのメタルエポキシパテで肉盛りします。
これで十分良い仕事します。

はじめはロウ付けか溶接でやろうかとも思ったけど、この程度ならいらんかなと。

硬化剤と混ざるように練りこんで数分で使えます。

image002_20131207192748a01.jpg

箇所全体をパークリで脱脂、フレームの塗装を剥離します。
表面を荒らして足付けしてから十分な量を全体に肉盛りします。

数分で初期硬化がすぐに始まります。

24時間で完全硬化します。

その後、研磨して角度調整、仕上げに塗装です。

けっこう簡単だな。



修理完了後、1ヶ月走ったら・・・。

パテがモゲましたw

こりゃ溶接肉盛りしかないな。


ステップの交換。

image028_20140823144848061.jpg

4年ちかくたつと、ゴムが劣化して亀裂が入ってきます。
ステップそのものはまだまだ使えそうだが、一部が切れて固定されずにくるくる回っちゃうわけです。

image027_2014082314484908c.jpg

高いものじゃないので交換です。
50661-KWB-600 ラバー,ステツプ ¥691 x2個
メーカー在庫999個です。

まだまだ頑張ろうカブでした。

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

スーパーカブ110 フロントホイール交換

1年前の事故で、衝撃によりフロントホイールが少し変形していたが、そのままになっていた。

当時、すぐに交換したかったが、新品ホイールがASSYで2万円である。

純正鉄リムなので、中古品を探すも、出品のたびに新品買ったほうが良さげな高額相場が続いていた。

結局リム交換にも踏み切れず、時間だけが過ぎていった。

最近になってJA07人気も下火になった様子で、ようやく安価に入手できた。

image011_20140328233122c59.jpg


今回、某オクで5000円という破格で入手したフロントホイール中古。

装着されていた純正タイヤの製造番号からして09年の初期型と判断。

売り手の説明によると3000km走行の実働車からの放出品らしい。

image009_201403282339149a6.jpg

中古部品のコンディション、売り手側の説明なんてアテにならないが、ベアリングの状態からしてウソでもなさそう。

こりゃ当たりだったようだ。

一応、ベアリングは新品交換しておく。

image027_201403282338300b2.jpg

肝心のホイールも曲がりや振れもなく、コンディションが良い。


取り外した変形ホイールは某オクへ流したら何故か良い値で売れたぜ・・。

ホイールはそのうち直したかったところだったから、ラッキーだったな。

まだまだ乗り続けるぞ。

スーパーカブ110 タイヤ交換 IRC NR6

スーパーカブ110 タイヤ交換

半年前に交換したIRC FB3だが、前後ローテーションを含めて半年弱、5000km以下の寿命であった。

スリップサインを通り過ぎて完全にブロックが消滅しかかっている状況。

そろそろ限界とばかりにタイヤ交換となった。

IRC FB3 カブ110に無理矢理装着できるブロックタイヤ、ネタとしては面白かったが、それだけだった。

新品から半分以上削れるまでは、サスがボトムするとタイヤがフェンダーに接触してしまう。

2.75-17はやっぱり外径が大きいんだ。

たぶんもう一度買うことは無いだろう。




走行距離3万キロを越えた現在、改めて純正指定であるIRC NR6に戻してみようと思う。

image005_20140328233224872.jpg

リアに新品NR6 フロントに余ってる純正タイヤを取り付けた。


image006_20140328233222a9a.jpg

タイヤ交換作業なんてのは大した話が無いのでスルー。

image021_20140328234009c64.jpg

新品タイヤっていつ見てもいいよね。

硬いしツルテカだしバリ山だし、なんかやる気に満ちてる感じが好き。

スーパーカブ110 事故後その3

今日はあの事故からちょうど1年です。

1年たってもまだ解決してません。

あれからどうなったかという話です。



保険会社の人身担当は、事故直後から常に低姿勢な対応であった。

ある程度通院したら治療打ち切りとかされるかとも思ってたけど問題なし。

物損の担当者は賠償額の値切りにエラい必死だったから拍子抜けだった。

まぁ、事故の状況からして過失割合含めて交渉にすらならないし当然か。

そんな穏便な対応だったのだが、こちらも攻撃の手を緩めることはできんww


 その後のある日、電話が鳴り・・。


 保険会社  「 ○○様、治療も終了となりましたので、示談についてのご提案なのですが・・ 」


   俺    「 悪いけど今後は弁護士と相談してくれる? 」


 保険会社  「 べ、弁護士ですか? 」


   俺    「 近日中に受任通知が届くと思うから。今までご苦労さん。 」




相手に黙って事前に弁護士を手配済みであった。

フフフ、許せ。これも乱世の習いよ・・・。

この日以降、私に直接連絡が来ることすら無くなったのである。



思えば長いアルバイト・・、もとい、通院生活であった。

医者が書いた後遺障害診断書には、MRI画像による所見、神経学的所見、他覚症状、何より後遺障害を認めるという文字がはっきりと書かれていた・・。

これは非常にやる気を感じる書類である。

事故発生状況報告書なる書類を作成。
現場の見取り図などもそえつつ、加害者がどのように信号無視しながら暴走し被害者である私を殺しかけたかという事を分かりやすく書き示す。

さらには、事故により如何に心身共にダメージを負ったかという作文も書く。
やられたぜ!困ってるぜ!という主張を書き連ねていくというイヤラシイ書類である。

それらを関係書類と共に、弁護士委任で関係機関へ申請するわけだ。


その結果、めでたく被害者の後遺障害が認められると、おかわりもう一杯となる。

残念ながら認められないと、おあずけとなるわけだ。

その結果次第で、最終的な損害賠償も倍ほど変わっていくのである・・・。



敵である保険会社は、やはり最後に妨害工作をして来た。

診断書原本に明らかな記載ミスがあったのだが、ワザと医者に訂正させずに渡して来やがった。

明らかに後遺障害申請に対する遅延工作、つまり、いやがらせである。

後遺障害認定の有り無しで払う慰謝料が倍以上も変わるんだからヤツらもこれぐらいやるでしょう。

流石に弁護士が矛盾点を突き、すぐにチョンバレとなり敵の工作は無効化された。

保険屋って本当に酷い商売だなあと思う。



最終的な解決までまだしばらくかかりそうです。

早まって鱸世界やYSPに行きたくなる。

新型Vスト高いよね・・。


スーパーカブ110 カブ110終了のお知らせ
スーパーカブ110 事故その後1
スーパーカブ110 事故後その2
スーパーカブ110 事故後その3
スーパーカブ110 事故後その4 最終回

«  | ホーム |  »

プロフィール

はむおさん

Author:はむおさん
都内に通勤する自由業並みにフリーダムでヒマな会社員。

バイクに乗るより、無駄な買い物といじってる時間が多い。

欲望のまま生きてます。
待てません。我慢できません。
そのためには努力します。
人間たったの50年。
苦労は極力避けましょう。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

V-Strom1000ABS(VU51A) (24)
CRF250L(MD38) (42)
スーパーカブ110(JA07) (40)
スカイウェイブ650LX(AN650AL4) (16)
XT660R(5VK1) (70)
セロー225W(4JG1) (26)
アイテム (46)
JB23W (6)
うわごと (28)
ミニバイクレース (2)
オイルのお話 (9)
2016夏 北海道ツーリング (2)
2015夏 東北ツーリング (7)
2014夏 北海道ツーリング (10)
2013夏 北海道ツーリング (10)
2012夏 北海道ツーリング (12)
2011夏 能登半島ツーリング (4)
Interphone F5 (17)
いろんなバイク (2)
くいもの (1)
未設定 (0)

検索フォーム

QRコード

QR

リンク